【花のち晴れ】第4話あらすじと視聴率9.0%!王子様はどっち天馬の優しさに胸キュン

江戸川音(杉咲花)は、晴たちともんじゃ焼き屋にいた。そこへ愛莉(今田美桜)がやってくる。庶民狩りをしようとしたことを謝ってくる。

花のち晴れ〜花男 Next Season〜」は、あの花男を超えることができるのか?第4話では、花男の雨の日を思い出す展開が待っていた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「花のち晴れ」第4回視聴率

第4話は、「ドS小悪魔の逆襲、涙の別れ…新ライバル登場⁉」が放送されました。気になる視聴率は、9.0%発表され次第報告します!

晴のヘタレ男は返上なのか?愛莉の恋心はどこに行くのか?

 「花のち晴れ」第4回あらすじ

 ふたりだけのヒミツを音に話してしまう

愛莉は、自分を許して欲しいとお願いする。音は、家の事情を隠していた自分も悪いと思っていた。

ありがとう、音さん優しい。ねぇ音さん、愛莉とお友達になってくれる?愛莉にチャンスちょうだい。

次の日から愛莉は、音にピッタリくっついて離れない。晴(平野紫耀)は愛莉の優しさを疑っていた。

絶対、怪しい。愛莉がニッコニコしてるときは、大体ろくでもないこと考えてんだよ。

音は、サプリメントを飲んでいる愛莉を心配している。愛莉は、昔すごく太っていた。

世界は、愛莉のモノだって思ってた。

小学校4年生の時、遠足で歩くことも出来なくなっていた。そこに晴がやってきた。晴は愛莉をおぶって公園まで連れてってくれた。

晴は愛莉の恩人で、だからC5は絶対に守りたいの。

愛莉が誰にも内緒だった話をしている、晴には不思議だった。

晴の前では言いたいことが言える

天馬(中川大志)は、栄徳学園に寄付金を贈っていた。それは、音のためだった。

ねぇ音のどこが好きなの?

晴は、音のことを考えると幸せそうな顔をする。

勘違いするなよ、奇跡的に予定が空いてただけで別にヒマなワケじゃねーからな。

別に恥ずかしいことじゃないよ、忙しすぎるよりちょっとヒマな方がいいって。

ああおい、今俺のこと哀れんだだろ。

神楽木ってホント被害妄想激しいよね。

何だと?

だから変なグッズ信じて買っちゃうんだよ。

信じるだろ。

似た者同士なふたり

愛莉は、馳天馬のことを知ろうとしていた。音は、今の自分に自信がないから天馬に飛び込むことが出来ないと話す。

それって晴のせいなんじゃない。ライバル同士でしょ。

愛莉は、レストランを予約していた。コースメニューから同じモノを選んだ。デザートは?

江戸川と違うやつ。

ちょっとそこまでして違うのにしたい?

ちげーよ、俺どうせ甘いもん食わねーから。だからそうすりゃ2種類食えんだろ。

私にくれるために?

俺は慈悲深けーんだ。お前パンケーキ、うまいうまいって鼻息あらげて食ってたし。

別にあらげてなんか。

愛莉は、音のワンピースに水をこぼしてしまう。音をトイレに案内する。

馳天馬の無償の愛、音がいるから今も前を向ける

愛莉は、音を冷蔵庫に閉じ込めてしまう。

あなたなんかと友達になんてなるワケないじゃない。

冷蔵庫の中には、馳天馬がいた。音が倒れたって連絡があって閉じ込められてしまった。

こうやって音にくっついていたら暖っかい。

冷蔵庫には、隠しカメラが仕掛けられていた。天馬は、軽井沢の別荘で迷子になった話をする。

ごめんなさい、最悪な婚約者だよね。ずっと迷惑ばかりかけてる。

天馬は、音と一緒にいることが嬉しかった。

天馬くんは、私の初恋の人。この気持ちがずっと変わることはない。そう思っていたあの日がくるまで。

音は、天馬に何もしてあげられないのが辛かった。

音がいたから僕は今も前を向いて生きて行ける。だから、音のことは僕が守る。絶対にだ。

世界でひとりだけの音の存在

晴は、ふたりを探しだす。

何度音を危険な目に合わせれば気が済むんだ。二度と音を陥れるなって言ったはずだよな。

天馬くん、神楽木は悪くないの?全部わたしが悪いの。

音は、天馬に送ってもらう。

毎月、音に会うたびに考えてた。音は婚約があるから嫌々僕に会っているって、本当はもう嫌われてるんじゃないかって。

僕が側にいて欲しいのは、世界でひとり音だけと伝える。

利恵は、音と晴の姿を見かけていた。見つめ合うふたりに何かを感じとってしまった。

愛莉の初恋たったひとりの王子様

晴は、C5から愛莉を追い出してしまう。愛莉が行方不明になってしまう。

何で愛莉をかばう。あんな酷い目にあわされたのに。あれか馳天馬とふたりきりになれて、素直な気持ちを伝えられてむしろ感謝してるとか?よかったな馳天馬とベタベタイチャイチャできてよ。

あんたってホントしょーもない。

音は、ひとりでも愛莉を探そうと決めた。

(あの時、愛莉さんの手ちょっと震えてた。一生懸命、服を選んでくれた。相談に乗ってくれた。あの時、間違いなく私たちは友達だった。)

愛莉は、廃工場の中で倒れていた。

帰れ、何しに来たの?嫌い、大っ嫌い。やめろ触んな。ばっかじゃないの?愛莉なんかのために。

うるさい愛莉、やるったらやるんだ。これは私の問題なんだ。

そこへ晴がやってくる。

行って私は、もう大丈夫だから。

晴は、愛莉を抱きかかえて廃工場を後にする。

ごめんな愛莉、お前の気持ちに気付けなくて。気持ちに答えられなくてごめん。

ごめんね。晴、大好きだったよ。

土砂降りの雨の中、愛莉の初恋は終わった。

音と晴はお似合い

音は、微熱があったためバイトを休むことにした。隣りの部屋で聞いた声がした。

愛莉なんで?

音は、愛莉のサプリメントを止める。愛莉は、卵焼きを美味しそうに食べた。

おかわり。

愛莉は、晴と音の恋の応援することに決めた。

じゃあ聞くけど、あなたの心にほんの少しも晴はいない?天馬で120%いっぱい?

C5は、一茶の華道パーティーに参加していた。そこには、人気モデルのメグリン(飯豊まりえ)がいた。

ドラマ「花のち晴れ」第4話感想

馳天馬のカッコ良過ぎるセリフにドキドキする女子の顔が浮かぶようです。こんなこと言われたら誰でも幸せ、でもどこか気を使う相手でもあります。

晴には、言いたいことをガマンしない。一緒にいて楽しいのはどっちなのか?そこに尽きると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です