【半分、青い】第32回あらすじと視聴率19.6%!律だけが泣かない心の真ん中が見たい

「ふくろう会」のメンバーが朝露高校を卒業する。たくさんの思い出がある教室や校庭で写真に残した。喫茶「ともしび」では、卒業祝いをした。

第32回、高校生活も終わってしまう。あと少しでみんながバラバラになってしまう。菜生の涙は鉄板の上にこぼれた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」第32話 視聴率

第6週「叫びたい!」第32話が5月8日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、19.6%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」第32話 あらすじ(5/8放送)

お母ちゃんをよろしくな

喫茶「ともしび」のママ・まさこは、卒業祝いにおごってくれた。

写真できる頃には、みんなおらんね。あほなスズメがおらんくなったら、つまらんな。

ふくろう会のメンバーは、それぞれの道を歩くことになっていた。菜生・鈴愛・ブッチャーは泣いてしまう。

(律だけが最後まで泣かなくて、律の心の真ん中は遠いのかも知れないと思った。)

鈴愛は、東京に荷物を送った。

草太はいい子やから、損しないようにな。

草太は、たまには母親に連絡するように言った。

草太、お母ちゃんよろしくな。

いつだって帰ってこい

宇太郎は、鈴愛のために本棚を作っていた。

ここにな、鈴愛のコミックス出たら立てらいい。鈴愛いつだって帰ってきたらええ。

鈴愛のお父ちゃんとお母ちゃんは、いつだって鈴愛の味方だった。

まーあかんと思ったら、いつだって帰ってこいよ。何にも心配することない。お父ちゃんとお母ちゃんは、ずっと鈴愛の味方や。

楡木家では、夕食にすき焼きを作っていた。飛騨牛のすき焼きは絶品だった。

おいひい。うーん、おいしい。

晴は、和子のところに行っていた。

律くんが同じ東京にいると思うと、ほっとする。

家の中にいたらソワソワしていられなかった。和子の顔を見たくなってしまった。

お母ちゃん、怖い夢見た

宇太郎は、鈴愛がいなくなる。犬でも飼うかと言い出す。

そう言うシャレたことは、よう言わん。

楡木家では、すき焼きは贅沢だった。しばらくは納豆の日々が続く。鈴愛は、出発を明日に控えて眠れないでいた。

お母ちゃん。

何、どうした?

怖い夢見た。

鈴愛は、晴のところに来てしまった。

朝ドラ「半分、青い」第32話感想

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です