【まんぷく】125回あらすじと視聴率!福子の切ない想い萬平の心の原点を取り戻せ

朝ドラ「まんぷく」
スポンサーリンク

萬平(長谷川博己)が苦労して作った「まんぷくラーメン」は、世の中に認められる商品だった。猿渡(田中哲司)のニセモノを許すことはできない。

第125回、ラーメンの粗悪品は消えない。みんなが喜んでくれる仕事がしたい、萬平の心は原点から離れていた。

朝ドラ「まんぷく」125回視聴率

第22週「きれいごとは通りませんか」第125回が2月28日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、20.9%でした!

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

朝ドラ「まんぷく」125回あらすじ(2/28)

「まんぷくラーメン」が未来を作る

「まんぷくラーメン」は、世の中を変える画期的な商品だった。店頭には、真似をしたラーメンが並んでいる。

どうしてそのラーメンを買ったんですか?

萬平は、新しい工場を作るために出かけていた。大きな工場を作らなければ製造が間に合わなかった。

2,000坪は、さすがに広すぎやないかな。大勝負やぞ萬平くん。

福子(安藤サクラ)は、「ぷくぷくラーメン」を食べていた。ひどい油の臭いがした、子どもには食べさせてはいけない。

萬平さん、ご飯の支度ができました。

新しい工場は、「まんぷく食品」の看板がよく見える。宣伝効果がバツグンのところに作ろうとしていた。

メシは外で食べてくる。風呂も先に入っててくれていいから。

萬平は、世良(桐谷健太)と真一(大谷亮平)と忙しそうに出かけて行った。「まんぷくラーメン」は、売れている。でも、福子の心は晴れないままだった。

吉乃ちゃんなら、もう帰ったで。美容院によるんやて。

岡(中尾明慶)と森本(毎熊克哉)は、吉乃(深川麻衣)を待っていた。神部(瀬戸康史)は、二人に早く告白するように言った。克子が怖くて神部は急いで帰る。

萬平の心を原点に戻せ!

忠彦(要潤)は、大輔の誕生日のプレゼントに家族の絵を描いていた。やっと絵を完成させることができる。

お父さん、今日もいてへんの?

源(二宮輝生)と幸(三宅希空)は、父親と遊んで欲しかった。鈴(松坂慶子)は、福子の寂しさが心配だった。

ホンマに違うの。萬平さんがね、変わってしまったから。

会社が大きくなると経営者にならなければならない。いつか潰れるかも知れない、鈴はその不安を抱えていると思った。

萬平さん、こう言って喜んでましたよね。これで「まんぷくラーメン」のひとり勝ちやって。

福子は、「ぷくぷくラーメン」を持って来た。油が悪くて美味しくない。でも、これを買っている人がいる。

いいんですか?こういう粗悪品がまだお店にたくさんあるんです。それを安いからと言って買うてる人がいるんですよ。

❝とにかく僕は、世の中の役に立つ仕事がしたい。みんなが喜んでくれる仕事を❞、福子は萬平の言葉が忘れられなかった。

今、萬平さんはみんなを喜ばせてますか?「まんぷくラーメン」ができなければ、粗悪品は出回らなかったんです。

萬平には、「まんぷくラーメン」を作った責任がある。ひとり勝ちだと喜んでいる萬平を嫌いだと言った。

あの頃の萬平さんなら、きっと大きな工場作ったり「まんぷくラーメン」の売り上げを考えるより。こういう体に悪いモノを世の中に出回っていることを嘆いていたはずです。

萬平の心を原点に戻す。それができるのは、福子だけだった。粗悪品は、子どもたちの未来を奪ってしまう。

朝ドラ「まんぷく」125回

見逃し動画配信サービス「まんぷく」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「まんぷく」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

動画配信サービス「U-NEXT」は、毎月1,200ポイント付与されます。(お試し期間中は、600円分のポイントがつきます)

U-NEXT

※紹介している情報は2019年3月4日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
朝ドラ「まんぷく」
スポンサーリンク
きららをフォローする
うさぎの日記

コメント