【まんぷく】20あらすじと視聴率!大阪の街を空襲が襲う疎開を急げ

昭和19年(1944)の夏、北九州を空襲が襲った。克子(松下奈緒)と子どもたちは疎開することになった。

第20回、大阪から人が消えて行く。空襲は小さな幸せも奪おうとしていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「まんぷく」20回視聴率

第3週「そんなん絶対ウソ!」第20回が10月23日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、21.5%でした!

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

ドラマ「まんぷく」20回あらすじ(10/23)

萬平の幸せ

大阪も空襲にあうかも知れない。萬平(長谷川博己)が他人事のように言うところが、鈴(松坂慶子)気に入らなかった。

やっぱり私たちも疎開しませんか?私、怖い。

鈴は、爆弾なんて落ちてこない。日本は、負けない。鈴は信じていた。

それより、あなたたちはどうして早く子どもを作らないの?産めよ増やせよ。

戦争にも行かない、子どもも作らない。それでは非国民と言われてしまう。

もう、やめて。恥ずかしい。

萬平は、憲兵に捕まったことで腰を痛めていた。福子は、優しくマッサージする。

萬平さん。

お前はいい奥さんだ。僕は幸せだよ。

福子と萬平は、一緒にいられることが幸せだった。

空襲が大阪を襲う

咲は、鈴の枕元に座った。

あの子は、私より萬平さんが大事なのよ。

咲は、この家をしっかり守って下さいとお願いした。昭和19年11月24日、東京を空襲が襲った。

やばい、どないしよ。

福子の親友・池上ハナと鹿野敏子が疎開することが決まった。その日の夜、咲は福子の枕元に立った。

何を迷ってるんよ。もう、大阪も危ないわ。萬平さんやお母さんが何と言おうと逃げなさい。

福子は、萬平と一緒に鈴のところに行く。鈴は、何があっても離れないと言い出す。

昭和20年(1945)、大阪に爆撃機が飛んでくる。天王寺あたりが真っ赤に燃えていた。

分かってる。二人も一緒に行こう。

鈴は仏壇の写真を持った。3人で大阪を離れることになった。その3日後、大阪は大空襲を受けてしまう。

朝ドラ「まんぷく」20回感想

(記事内の画像出典:公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です