【まんぷく】21回あらすじと視聴率!自然がたくさんの中で萬平は元気を取り戻す

昭和20年(1945)3月、福子(安藤サクラ)と萬平(長谷川博己)と鈴(松坂慶子)は兵庫に疎開することになった。

第21回、疎開先は囲炉裏のある家だった。萬平は少しずつ元気を取り戻していた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「まんぷく」21回視聴率

第4週「私がみつけます!」第21回が10月24日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、23.2%でした!

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

ドラマ「まんぷく」21回あらすじ(10/24)

疎開先の家には囲炉裏があった

福子と萬平と鈴は、疎開するために兵庫に向かった。列車の中は、疎開する人たちで溢れていた。

ひと山、超えます。

3人は、田んぼと畑ばかりの道を歩いた。兵庫県黒竹村には、萬平の鳩子・井坂八重と権三がいた。

久しぶりやね、20年ぶりじゃろかね。あんた大人になって、萬平ちゃん。

すぐ隣に使っていない家を使わせてもらう。鈴は、お礼の石けんを渡した。

いいお家ですね。

家は、古いけれど温かさを感じる囲炉裏もあった。でも、電灯がなかった。

電気は来とらんで。

福子と萬平は、黒竹村役場に疎開してきたことを伝える。福子は、村に医者がいるかどうかを心配した。

福子はお母さんの娘で僕の妻だ

八重と権三は、荷物を運んでくれた。福子と萬平は、近所に挨拶をしながら電気のことを聞いて回る。

あのう、こちらに余った電球はありませんか?

電球・ソケット・電線を何とか手に入れる。近所の人は、野菜も一緒に分けてくれた。

今夜は、煮込みうどんにしましょか?

福子は、鈴の好きな煮込みうどんを作った。萬平は、電気を通すために電線を繋いだ。

萬平さーん、煮込みうどんが出来ましたよ。萬平さーん。

その時、電気がついた。萬平は、電柱の上にのっていた。

やったぞ福子、おーい。やったぞ。いやぁ、やっぱり電気は通ってないと。

萬平は、福子の作った煮込みうどんを食べる。

うーん、ウマい。いやぁ、囲炉裏を囲んで夕食を食べるなんて初めてですよ。疎開も悪くないな。

萬平は、福子にお礼を言う。役場で医者のことを聞いてくれた。いつも萬平の体のことを思っていた。

福子は、お母さんの娘で僕の妻だ。

朝ドラ「まんぷく」21回感想

(記事内の画像出典:公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です