【まんぷく】32回あらすじと視聴率!萬平の発明にワクワクが止まらない福子

萬平(長谷川博己)と神部茂(瀬戸康史)は、塩作りを勉強するために赤穂に向かった。

第32回、萬平の発明のために全てをかける福子。これから何があるのか?ワクワクしてしまう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「まんぷく」32回視聴率

第6週「お塩を作るんですか!?」第32回が11月6月日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、22.5%でした!

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

ドラマ「まんぷく」32回あらすじ(11/6)

萬平の発明のワクワクが止まらない福子

アツアツの鉄板に海水をかけて、水が蒸発すれば塩が残る。萬平は、そう考えていた。

だから赤穂に行くんだ。江戸時代から塩が作られていたところだぞ。

福子と鈴は、着物を持って食べ物と物々交換をお願いする。水島ハナは、地主と結婚していた。

これは上等だ。300円で買いましょう。

鹹水という塩分濃度の高いモノを作る。塩にしていくのを煎ごうと言う。

あなたの旦那様は、どうしていくつもりなのかしら?

鈴は、塩を作ってどうするのか?そこが分からなかった。

どっしり構えるのが武士の娘やないんですか?

まず塩が完成してから、発明家・萬平はどう使うのか?福子は楽しみで仕方ない。

塩と作るために犠牲にしたモノ

萬平と茂が戻って来た。食事の前に倉庫の鉄板を動かす。

鉄板を置く土台と海水がこぼれないように返しを作っておこう。

お昼を食べずにいた二人は、お腹がグーグー鳴ってしまう。

お母さん、私と萬平さんの結婚式のときキレイな留めそで着てたわよね。あれは、どこに行ったん?

次の日、萬平と茂は塩作りの実験をする。アツアツの鉄板の上に海水を流す。鹹水になるまで何度も繰り返す。

ウチにある中で、一番ええ着物です。

鈴は、お気に入りの留めそでをハナに渡した。500円で買ってもらうことができた。

煎ごうだよ。

水分を蒸発して塩分濃度があがったら、更に煮詰めて塩の花を作る。最後に残った水分(にがり)を落としたら塩が出来る。

しょっぱー、塩や。やったぞー。

朝ドラ「まんぷく」32回感想

見逃し動画配信サービス「まんぷく」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「まんぷく」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

動画配信サービス「U-NEXT」は、毎月1,200ポイント付与されます。(お試し期間中は、600円分のポイントがつきます)

U-NEXT

※紹介している情報は2018年11月9日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です