【まんぷく】33回あらすじと視聴率!萬平さんの妻はわたし武士の娘をなだめる

萬平(長谷川博己)と神部茂(瀬戸康史)は、塩を作ることが出来た。塩を売ることを商売にするつもりだった。

第33回、萬平の発明を応援するため親友にお金を借りる。福子はどんなことがあっても支えると決めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

mドラマ「まんぷく」33回視聴率

第6週「お塩を作るんですか!?」第33回が11月7月日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、22.0%でした!

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

ドラマ「まんぷく」33回あらすじ(11/7)

萬平には発明家でいて欲しい福子の覚悟

砂浜に81枚の鉄板を並べる。これだけの数の鉄板なら、たくさんの塩が作れると思った。

売るんだよ、みんな塩が足りなくて困ってる。

塩は、国から許された業者しか作れなかった。しかし、戦争中に法律が変わっていた。

今は、届け出さえ出せば誰でも作っていいんです。

売るためには、必要な条件を満たす必要がある。塩の品質や設備などの条件がある。

ウチは、塩屋になるんですか?

81枚の鉄板を扱うためには、人手が必要。茂は、大阪に行って人を探すことになる。

寝場所は、ここで間に合う。お風呂は順番に入ってもらおう。

鈴(松坂慶子)は、お金がないことを気にしている。でも、それを言ってしまったら萬平は何もできない。萬平が本気なら福子(安藤サクラ)は支える覚悟でいた。

孫を見せる約束

福子は、親友のハナのところでお金を借りに行くことにする。忠彦(要潤)は、絵を描いていた。真一(大谷亮平)は、家族の生活を心配する。

慎ましく暮らしています。

萬平は、煎ごうを効率よく出来ないか考えていた。福子は、夜食を作ってもってきた。

大丈夫、萬平さんは何も心配せんといて。

鈴は、ハンコを作ったときヘソクリをしていた。300円もあったら、当分の食費には困らない。

ホンマは嫌なのよ。家の中が賑やかになったら、子どもを作るどころじゃなくなるでしょ。

鈴は、一日も早く孫の顔が見たいと思っていた。

約束します、お母さんに孫の顔見せてあげるって。

福子は、大阪日本橋にある大阪地方専売局に向かった。製塩業を始めるための相談だった。

萬平さーん、集めてきました。みんなー、こっちだこっち。

茂は、14人の人を大阪から集めてきた。

朝ドラ「まんぷく」33回感想

見逃し動画配信サービス「まんぷく」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「まんぷく」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

動画配信サービス「U-NEXT」は、毎月1,200ポイント付与されます。(お試し期間中は、600円分のポイントがつきます)

U-NEXT

※紹介している情報は2018年11月9日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です