【まんぷく】53回あらすじと視聴率!真一と萬平がタッグを組む売り先は病院か?

栄養食品「ダネイホン」が、ついに完成した。手軽で栄養満点の食品は、パンに塗って食べる。

第53回、美味しくない商品は売れない。ならば、必要とされる場所を探す方がいい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」53回視聴率

第9週「違うわ、萬平さん」第53回が11月30日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、21.9%でした!

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

朝ドラ「まんぷく」53回あらすじ(11/30)

「ダネイホン」が必要とされる場所

タカは、「ダネイホン」を家に持ち帰る。克子(松下奈緒)や忠彦(要潤)に試食してもらうことにする。

バターみたいにパンに塗って食べるのよ。きっと売れる、神部さんたちみんな頑張ってるんやから。

「ダネイホン」は、1ビン20円で売りに出される。味と値段を考えると高い、あまり売れなかった。

3コ?朝から売って3コ?

鈴(松坂慶子)は、不満をもらす。萬平(長谷川博己)は、三田村に報告するために大阪に向かった。三田村は、それほどまずいとは思わなかった。

手軽で栄養満点「ダネイホン」、タンパク質・ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK。これを食べとったら本当に栄養失調にならんか?

本当に良いモノならきっと売れる。これを欲しがる客が誰なのか?どこにいるのか考えることが必要と三田村は言った。

中身の良さが伝わらないんです。どうしたらいいんですかね?

萬平は、忠彦に相談する。芸術家の忠彦も気持ちが分かった。誰か商売だけをできる人に頼むことを勧める。

萬平が目指す世界とは?

真一(大谷亮平)は、財閥解体のあおりを受けて失業していた。証券会社に勤めていた、だから数字には強い。

数字に強いってことは経理もできるってこと?私は、飯炊きだけやってればいいってこと?私は武士の娘ですよ。

鈴の気持ちは、とりあえず置いてけぼりにされた。次の日、福子が真一のところに向かうことになった。

萬平さんを助けて下さい。お願いします。

萬平は、お金持ちになりたくて会社を作ったワケじゃない。世の中の役に立ちたい、世の中の人を喜ばせたい。その気持ちだけが強かった。

せやからこそ、経営を分かってる人に側にいてて欲しいんです。

真一は、福子の方がいいと思っていた。証券会社は、損得だけを考える。その会社が潰れて、どこかほっとしている自分もいた。

この前、萬平くんの会社を見に行って羨ましいと思ったよ。いろいろなことに挑戦している萬平くんや福ちゃんを。

真一は、給料が少なくてもいい。萬平の会社で働かせて欲しいと言った。

ありがとう、咲姉ちゃん。

福子は、真一の家にあった桜の絵を見つめた。「ダネイホン」は、病院で売れるのではないか?誰よりも栄養が必要な場所で売ることを思いつく。

朝ドラ「まんぷく」53回感想

見逃し動画配信サービス「まんぷく」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「まんぷく」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

動画配信サービス「U-NEXT」は、毎月1,200ポイント付与されます。(お試し期間中は、600円分のポイントがつきます)

U-NEXT

※紹介している情報は2018年11月29日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です