「未解決の女」第2話の視聴率12.8%!高岡早紀の切ない演技とかもめの謎

2006年世田谷区のショッピングモールで連れ去り事件が起こった。坂下菜々美(高岡早紀)の娘・芽以が誘拐されてしまう。電話は1回だけ、芽以は❝かもめ❞という言葉だけ残して、事件は未解決になってしまう。

第1話は、「誘拐2つの点と線!? 逃亡12年…3文字の親子愛」が放送されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「未解決の女」第2話視聴率

ドラマ「未解決の女 警視庁文署捜査官」第2話、気になる視聴率は12.8%でした!1話からは、1.9%ダウンしてしまうが二桁をキープしている。

「未解決の女」第2話あらすじ

12年前と同じ誘拐事件

2018年大手IT企業「Kアイティーラボ」の社長・幸田雅也の娘が誘拐される。1億円の身代金の要求があった。矢代朋(波留)は、捜査に加わることになる。

かもめ。

幸田遥花は、母親の見舞いに行く途中で誘拐されてしまう。電話口で遥花は、12年前の事件と同じ言葉を残した。身代金は朋が運ぶことになる。

犯人は、喫茶店・カフェ・中華屋・そば屋、受取先次々と変えて行った。最後に橋の上から投げるように指示を出した。

犯人はここで1憶が流れてくることをドンブラ待っていたってことか。

12年前、理沙は誘拐事件の捜査員だった。菜々美は、警察が娘を見つけてくれないことにいら立っていた。

あんた独身でしょ、だからそんなすました顔で他人ごとみたいにしてられんのよ。

❝かもめ❞という言葉は、警察と被害者しかしらない情報だった。朋は、菜々美に会いに行くが相手にされない。

点と点が繋がった

朋は、犯人との電話でのやりとりを話す。

これ以上、うそをつくなら今すぐ娘を殺す。

父親とのやりとりでは娘という言葉は使っていない。理沙は、ホームページから誘拐された遥花の写真が気になった。

夏なのになぜ長袖を着ているの?

理沙の心に文字の神様が降りてくる。幸田雅也の自宅からは、❝久留米かすり和もめん❞の看板が見える。12年前の芽以に読めた文字は、名前に入る文字だけ❝かもめ❞になる。

あなたが娘として育てた遥花さんは、12年前にさらわれた芽以ちゃんだった。

12年前、幸田遥花は死亡してしまった。あまりのショックで妻・真紀はおかしくなってしまう。その2日後、芽以を誘拐してしまう。

あの電話は、僕がかけました。

何も知らない芽以を誘拐した母親

芽以は、遥花として山梨の別荘で生活することになる。

罪は全部、僕が追います。だから坂下芽以さんが無事に戻るまで待ってください。

1億円が流れ着いた現場は、ゴミがたまっていた。清掃員によって定期的に掃除を行っている。その清掃会社に犯人がいた。

内藤茂という男が退職している。

菜々美の部屋からは、内藤が刺された状態で見つかった。芽以は、母親と一緒にいる可能性がある。

お願いだから私をお母さんとお父さんのところに帰して下さい。

交わった思い離れて行く距離

菜々美は、私立中学に清掃員として派遣されていた。ひとりの生徒に芽以にあったハート型のほくろと同じものを見つけた。

カワイイ。

少しずつ遥花に近づいた菜々美は、一緒にいられることが幸せだった。ある日、遥花と一緒に歩く母親の姿を見てしまう。

この子さえ取り戻せれば何もかも良くなると思ってた。でも12年よ、こんなことしたって何も変わらない。

朋は、芽以が言った❝かもめ❞の話をする。

お母さんに褒めてもらいたくて、窓の字を呼んだのではないでしょうか?

菜々美は、芽以と過ごした時間を思い出した。

めい、めい、めい。

幸田遥花は、一度だけおかしいと思ったことがあった。大福を食べているときに菜々美に見つかってしまった。

あんこ好きなの?虫歯大丈夫?今日は内緒にしてあげる。

菜々美は、芽以が虫歯にならないように3歳まであんこを食べさせなかった。子ども思いの優しいお母さんだった。

12年前に事件が解決できていれば、理沙は菜々美に謝りたかった。

「未解決の女」第2話感想

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です