太田雄貴がよく行くお店!大阪にある行列ができるお店「手造りうどん 楽々」

人生最高のレストラン
スポンサーリンク

大阪の交野市にある「手造りうどん 楽々」は、うどん店です。

9月7日(土)「人生最高のレストラン」では、太田雄貴さんが登場しました。食べログ1位のうどんを紹介しました。

手作りうどん 楽々

交野市にある 手造りうどん 楽々」は、郡津駅から歩いて13分のところにあります。行列ができるうどんのお店です。

お店は、食べログ・うどん部門で1位をとったこともあります。関西人でもなかなか行かない交野市の人気店です。

うどんが大好きな太田さんは、香川県出身のお母さんに本場の讃岐うどんを作ってもらいました。

現役を引退したら、うどんのお店を出すのが夢でした。ところが、ここのうどんを食べて中途半端なことはできないと諦めます。

食べログページはこちらから⇨「手造りうどん 楽々

ぶっかけうどん

「ぶっかけうどん」は、冷たいうどんの上に薬味がたくさんのっています。かつお節・のり・大根おろし・揚げ玉・ネギなど。

タレを入れたら、よく混ぜて食べます。つやつやしたうどんは、モチモチの食感があります。

太田さんは、笹川友里さんを両親に紹介するときに行ったお店です。自分が一番好きな店を紹介したい気持ちがありました。

太田雄貴とフェンシング

太田雄貴さんの両親は、小学校の先生でした。小さい頃から父親が食事を作ってくれた。具だくさんのメニューが並びます。

フェンシングを始めたのは、父親の影響がありました。フェンシングを始めて13年半練習を休んだことがありません。

2004年のアテネオリンピックでは、9位という結果に終わりました。その後、練習方法を見直します。

日本代表コーチのオレグ・マツェイチュクとの出会いが大きく、練習の練習をしてはダメ。どうやって勝つのか逆算をすることを言われます。

2008年の北京オリンピックでは、日本人初の銀メダルを取ります。2016年には、現役を引退します。

現在では、日本フェンシング協会の会長になります。観客動員や大会の改革に携わっています。

(記事内の画像出典:食べログ

コメント