朝ドラ【わろてんか】第21回のあらすじと視聴率20.9%!てん(葵わかな)の商いの才覚を啄子(鈴木京香)が認めた

f:id:dreams3359:20171026200254p:plain

てん(葵わかな)と楓(岡本玲)が商い勝負をすることになってしまった。藤吉(松坂桃李)は買い付けになれていないため、古米や外米を買わされてしまった。

第21回は、てんと楓の一騎打ちに注目!

ドラマ「わろてんか」第21回 視聴率

第4週「始末屋のごりょんさん」第21回が10月25日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、20.9%でした。

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

ドラマ「わろてんか」第21回 あらすじ(10/25放送)

てんと楓の嫁対決

 藤吉が大金をはたいて、古米や外米を買ってしまった。売りさばくのは嫁候補のふたり、てんと楓の商人の力が試される。

米の精米をしてから、お店の前で売りさばくことになる。楓は米の前に控えめに立つ、てんは売る気満々でお客さんの前に出ようとする。

身なりや指が荒れていることを注意されてしまう。てんは、部屋に戻ってしまう。

 

何や、もう降参か?

 

 

泣いてはるんちゃいますやろか?

 

てんは、口紅をさして指のあかぎれを布で隠してきた。

てんはやっと売ることができた。まけて欲しい言い出すお客さんをあしらうことが出来ない。

  

これが大阪の商いや。

 

てんには商いの才覚があった

 てんは、古米をどうやって食べるのかが不思議だった。トキ(徳永えり)から手を加えて使うと聞いて、団子を作って味見をしてもらう。古米は、驚くほど売れ出す。

外米は、どうやって食べるのか?てんはお店に来ていた外国人に聞くことにする。

てんは、インド人直伝のカレーを作って味見してもらうことにする。この頃、大阪ではカレー人気が広まり始めていた。

 

ライスカレーって、ほんま外国の米使うんやったのか?

 

 

うまいわー。

 

外米も驚くほど売れてしまった。てんには商人の才覚があるのかも知れない。

御寮さんが認めた

 藤吉の母・啄子(鈴木京香)は、てんの売り方について注意する。

 

あんた、お客さんに振るもうた分の材料代ちゃーんと勘定してはりますの?

 

 

それは。

 

 

まぁ、よろしおすけどな。ああいう活きたお金を使うのは。ちょっときなはれ。

 

てんは、啄子に船場の商人の話を聞く。

船場の商人は、始末・才覚・算用を重んじる。始末は、節約ではなく無駄な出費を抑えて活き銭を思いっきり使う。

才覚は、どこに商いの勝機があるのかを見極めて誰もやらないことをやる。てんの団子やカレーのことをだった。

算用は、金勘定することではなく帳尻を合わせること。損して得とれと言う意味だった。

 

始末とケチは違う、これが始末の極意。この勝負、あんたの勝や。

 

啄子は、てんに商売の才覚があると認めた。

藤吉は落ち込んでいる。楓は米を売れたのに元気がない藤吉が不思議だった。

 

何や、ふがいのうて。

 

楓は、自分を選んで欲しいと言い出す。惚れたはれた船場の嫁には向かない。

大阪に風太濱田岳)の姿があった。てんに会いに行くのだろうか?

ドラマ「わろてんか」第21回の感想

 

 

 

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です