朝ドラ【わろてんか】第49回あらすじと視聴率20.8%! 藤吉(松坂桃李)の焦りは伊能(高橋一生)の影響なのか

f:id:dreams3359:20171128220611p:plain

大正4年(1915年)、てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)に長男・隼也が生まれて1年がたった。「風鳥亭」は、満員御礼で忙しい日が続いた。

第49回は、てんが子育てと寄席を切り盛りする。

ドラマ「わろてんか」第49回視聴率

 第8週「女のかんにん袋」第46回が11月27日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第49回 あらすじ(11/27放送)

藤吉の焦り

 「風鳥亭」は、新しい従業員が増えていた。てんは、子育てをしながら寄席の仕事もしていた。

 

お楽、笑顔笑顔やで。よろしゅうな。

 

新米のお茶子・お楽が入った。新米従業員のイチは、お客さんの呼び込みをする。

万丈目の家には、子どもがいない。てんの子どもが羨ましかった。

 

ぼんの面倒は、わてが見ますさかい。

 

隼也は、寄席の人気者だった。

藤吉は、寄席に出てくれる芸人を探していた。寺ギンのところに頼むしかなかった。

 

何とか木戸銭を五分五分にできるとええんやけど。

 

てんは、焦って儲けを出そうとしている藤吉が心配だった。

隼也の初節句

 隼也の初節句が近づいていた。人形は何を買う。

 

兜や、男は兜や。

 

伊能(高橋一生)がやってくる。藤吉が知恵を借りるために呼んでいた。伊能は、外国の活動写真が大当たりして儲かっていた。

 

栞くんは、すごいわ。俺もやる気になる。

 

 

働きながら子育てに家事、大変だ。

 

伊能は、てんのことが心配だった。藤吉も、てんと子どものために頑張ろうとしていた。

てんの不安

 てんは、万丈目のところに酒を貰いに行く。歌子は、万丈目が帰ってこないことにイラついていた。

 

あんたも亭主なんて、当てにするもんじゃない。もうひとりの手かかる子供やと思っとたほうがええで。

 

藤吉は、寄席を増やすと言い出す。儲けを出すためには、それしかない。

 

活動写真は、大人気でね。どの小屋主も2件目、3件目と小屋を増やしている。

 

てんは、不安だった。今でも忙しくしているのに、これ以上できるのだろうか?

藤吉は、小屋を増やせば寺ギンの芸人も2倍使うことになる。こっちの立場が強くなったら木戸銭の取り分の交渉もできる。そう思っていた。

 

ウチには、ようわかりまへんけど。

 

てんやわんやの家

 藤吉は、酔いつぶれてしまう。

 

いい家族だ。てんやわんやで楽しそうだ。寄席のこと煽ってしまって悪かったね。

 

 

思い込んだらまっしぐら。それがあの人のええところで、ちょっと心配なところでもあるんですけど。

 

次の日、藤吉は新しい小屋を探しに出かける。

 

お前ら家族のためや。

 

 

兜、兜忘れんといておくれやす。

 

ひとりぼっちの隼也

 藤吉は、出かけてしまう。てんは、芸人の給料を計算している。隼也は、ひとりぼっちにされてしまう。

てんが目を離したすきに隼也が墨をいじってしまう。給料を計算した紙が墨まみれになってしまった。

 

御寮さんひとりじゃ、手が足りへんな。

 

そんなことより、隼也がいなくなってしまう。みんなで探すと、風太が隼也を抱きかかえてやってくる。

 

何してんのや。目を離したらあかんで、なぁ隼也。

 

 朝ドラ「わろてんか」第49回感想

 

 

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です