朝ドラ「わろてんか」第130回あらすじと視聴率20.7%!明日はもう笑うことが出来ない戦争がもたらす影

f:id:dreams3359:20180308193231p:plain

わろてんか隊」は、戦地に出向くことになった。出陣式の3日後には、無事に上海についたと連絡が入った。「北村笑店」は、大きく新聞に取り上げられた。

第130回、明日はもう笑うことができない兵士たち、「わろてんか隊」の届ける笑いは責任重大だった。

ドラマ「わろてんか」第130視聴率

  第23週「わろてんか隊がゆく」第130回が3月7日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、20.7%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第130回 あらすじ(3/7放送)

わろてんか隊」が上海に行く

 

上海についた「わろてんか隊」は、陸軍少佐の阿久津が面倒を見ることになっていた。

 

さっそく慰問演芸会を開きます。宜しくお願い致します。

 

阿久津は、衣装を見て兵隊たちが里心がつくと考えた。

 

ぜひ、制服のまま演じてもらいたい。

 

何やら重苦しい空気が流れた。

 

これからのひと時、漫才や落語をお楽しみいただきお国のために、ますますお働きいただくはげみになれば。

 

キースとアサリは、しゃべくり漫才を。万丈目と歌子は、夫婦漫才と後面を披露した。兵隊たちからは笑顔がこぼれた。

リリコが戦争で翻弄されていた

 

阿久津は、風太を呼び出す。そこに現れたのは、疲れ切ったリリコの姿だった。

 

君に面会だ。

 

リリコは、新聞を見て訪ねてきた。四郎の入ったオーケストラ楽団は、解散してしまった。

 

外国人をぎょうさん集めてたさかい、世の中が何や怪しくなって解散してしもうたんや。

 

四郎は、バーでピアノを弾いている。リリコは、食堂で働いていた。

 

ホンマに大丈夫なんか?

 

リリコは、地の果てまで四郎について行くを決めていた。苦労でも何でもない、ただ懐かしくてきたと言う。

 

お前らまだ、北村の社員のまんまやったな。

 

ミスリリコ&シローの再結成

 

次の日、リリコと四郎が「わろてんか隊」に参加することになった。

 

兵隊さんの慰問のためや言うたら、ハンコ押してくれた。

 

「北村笑店」の大看板が揃った。そのことは、新聞に取り上げられていた。

 

リリコ&四郎がわろてんか隊と合流したみたいや。

 

楓は、笑いの台本を書くことに煮詰まっていた。

 

ウチも負けてられへん。節約や出産、奨励これでどう笑わせいうんやろか?

 

川崎で暮らす隼也の家族

 

川崎では、隼也とつばきが住んでいた。隼也は、新聞を見てつぶやく。

 

わろてんか隊、慰問団か。

 

 

おじさまが団長さんらしいです。

 

隼也のところには、おしめが届いた。

 

お母ちゃん。おおきに。

 

 

藤一郎、お祖母ちゃんが心込めて縫うてくれた贈り物ですよ。

 

ふたりは、藤吉郎も生まれて幸せだった。

明日は笑うことが出来ない

 

上海では、「ミスリリコ&シロー」が笑いをとっていた。

 

兵隊さんら喜んでたで。

 

阿久津が顔色を変えてやってくる。

 

君その髪飾り、取りたまえ。いたずらに里心をつかせるような言動は慎んでもらいたい。

 

キースは、髪飾りや服装なんて関係ないと言う。リリコと四郎だったら、いくらでも笑いが取れる。

 

それにしても受けすぎちゃうか?みんな始めからおわりまで、ずっと笑ってた。

 

四郎は、バーでピアノを弾いていた。やたら陽気に歌ったり踊ったりする兵隊さんを見たこともあった。

 

次の日からパタッと来んようになるんです。後で話聞く、全戦に送られる前の日やったって。

 

全戦に向かう兵隊たちは、もう笑うことが出来ない。

 

なんや責任重大やな。

 

リリコが廊下を歩いていると兵隊が声をかけてくる。

 

高座面白かったです。僕、子どもの頃よう天満の寄席に通ってました。漫才大好きで。これをお願いします。

 

兵隊は、リリコに手紙を託した。

朝ドラ「わろてんか」第130回感想

 

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です