ドラマ【アンナチュラル】第6話あらすじと視聴率!バイタルデータに隠された謎を追う感電死が作られた理由

三澄ミコトと中堂系は、遺族に内緒で鈴木果歩の死因を調べた。恋人を失った鈴木巧の依頼だった。中堂は、全てを巧に話してしまう。

犯人は果歩の同僚だった。葬儀場に行った巧は、犯人を2度も刺してしまう。巧が知らなければ事件は起きなかった。一命を取り留めたのが、せめてもの救いだった。

第5話、「友達じゃない~謎のセレブパーティ連続殺人… 同僚が容疑者!?~」が放送された。セレブ合コンになにがあった。

ドラマ「アンナチュラル」第6話視聴率

金曜ドラマ「アンナチュラル」第6話の視聴率は、発表され次第報告します。脚本は社会現象を起こした「逃げるが恥だが役に立つ」の野木亜紀子が書いている。

法医学ミステリードラマ「アンナチュラル」は、毎週金曜日にTBSで放送されています。石原さとみや井浦新、松重豊など豪華キャストも気になる作品です。

ドラマ「アンナチュラル」第6話あらすじ

高級ジムの合コン

三澄ミコトは、一家心中の生き残りだった。中堂系は、恋人を何者かに殺されていた。その遺体を解剖していた。ふたりはお互いに深い傷を抱えて生きていた。

考えたことがあるか?永遠に答えの出ない問を繰り返す人生。今調べなければ、永遠に答えの出ない問に一生向き合い続けなればならない。

そういう奴をひとりでも減らすのが法医学の仕事なんじゃないのか?

気持ちは分からなくはないんだよな~。

東海林は、高級ジムに通っていた。その合コンが開かれた。ミコトも誘われるが興味がなかった。次に日、ミコトの携帯が鳴った。

今すぐ来て。

東海林は、ホテルの一室にいた。そこには、合コンで一緒だった男がいた。

死んでるね。状況から見て、酔った勢いでまぐわったという。

東海林は、服も着ていたし男性も好みじゃなかった。

じゃあ、その好みじゃない男とここで何を?

ミコトは、合ったこと全てを話すように言う。

遺体の死因は窒息死

高級ジム「ACID(アシット)」の会員・権田原は、東海林を隣りの席に座らせた。やたら酒を勧めてきた。

酔うほど飲んだ覚えがないんだよね。

東海林は、会の終わりごろには足がふら付いていた。権田原は、送ると言い出して気が付いたらホテルにいた。

はい、警察来るまえに血液検査しようか?

東海林は、薬物のプロだった。その東海林が薬を飲まされる失態を犯してしまった。

身元が知られている人たちで、まさかそんな?

権太原には、かすかにチアノーゼが出ていた。死因は窒息死だった。

警察が来た。男の上着の中からは、袋に入った薬が見つかった。

解剖は必ずして下さい。

したくてもどこの医大を手一杯なんです。UDIラボの稼働率が落ちているせいで。その上こんな、男と女の揉め事まで持ち込まれて大変だ~な。

西武蔵野署の毛利は、東海林とミコトに嫌味を言った。

紳士的でいい男は偽証していた

UDIラボには、遺体解剖を始めるところだった。東海林は、その遺体に見覚えがあった。

紳士的で細マッチョ、細川さん。

細川は、昼食に出る時に歩いていた。突然、喉を抑えるようにして倒れた。大学からの知り合い二人が謎の窒息死をした。

権田原と細川は、イヤーカフをしていた。それはジムで使われているバイタルセンサーだった。それは、毛細血管が集まっている耳からデータをとるものだった。

このイヤーカフで心拍数・血圧・体温なんかをリアルタイムで計測して、この端末にデータを飛ばして健康管理に役立てる。

未来だね~。

バイタルデータから死因を究明する。

権田原は、女性に薬を飲ませてホテルに連れ込んでいた過去があった。その事件を細川が女性が悪いような証言をしていた。

紳士的でいい男?

今すぐ忘れて、私も忘れる。

警察は、被害にあった女性の逆恨みと見ていた。この事件の担当が本庁になっていた。なぜ本庁が動いたのか?

友達じゃない

ミコトは坂本に会った。権田原の死因は、窒息死だった。警察は毒殺と睨んでいた。

薬毒物の専門家が容疑者だからなんだって。

東海林は、連続殺人の容疑者になってしまった。

いったん逃げろ、東海林が逮捕されたら補助金どころかUDIが吹っ飛ぶ。

東海林は、ミコトと久部と一緒に死因を解明する。バイタルデータ開発機を開発した「Gate-C」にデータを探りに行く。

見るだけなら個人情報保護法には触れません。

岩永は、ミコトに食事の約束と引き換えにデータを見せることにする。

その気がないのに。

東海林は、ミコトが彼氏と別れた理由を聞いてみた。でも、ミコトは答えようとしなかった。

ミコトってそういうとこあるよね。自分のことは何にも話さないし、何考えてるが分かんない。まぁいいけど、別にウチら友達じゃないし。

まぁそうね、ただの同僚だし。

詐欺グループの仕業

ミコトと東海林は、細川のデータを見つけた。急いでデータを写真に保存する。警察が東海林を探していた。

久部は、フリーライターの宍戸に会っていた。

権田原と細川は、大学時代に集団強姦事件を起こしている。何とか和解に持ち込んで無傷で卒業している。その事件と今回の事件は無関係だ。

宍戸は、仮想通貨の話をする。権田原と細川は、仮想通貨に絡んだ詐欺事件にかかわっていた。ある日、通貨は暴落してしまう。ふたりは合法的に4憶も稼いでいた。

捜査2課も水面下でマークしようとして、その矢先に二人が死んだ。

コイン詐欺は、「Gate-C」の岩永とパイロットの立花も関わっていた。

死因は感電死

中堂は、細川と東海林のバイタルデータ端末を検査する。

この端末ぶっこわしていいか?

中堂は、端末のレントゲン写真を撮る。

死んだ細川が使っていた端末には、ハイパワーのコンデンサーが組み込まれていた。

それは、電流を流すためのものだと中堂は見抜いた。

つまり死因は感電死。

端末が外部から信号を受信すると微小な電流が流れる。体内に流れて左右のカフによって増幅される。頸椎の神経にショックを与える。頸椎の神経は、腹の横隔膜に繋がっている。左右の横隔膜が動かなければ人間は呼吸できなくて死んでしまう。

窒息は窒息でも関電によって引き起こされた窒息。

立花さんも岩永さんに新しい端末もらったって言ってた。

東海林の容疑を晴らすために立花を助ける

岩永は、立花も感電死させようとしていた。岩永は、お客さんを乗せて飛行するところだった。

ミコトと東海林は「フォレスト」の木林の車で飛行機を追う。そして、離陸しようとしたところで事件は起こった。

ブレーキ、ブレーキ。

立花の呼吸は止まっていた。人工呼吸をしようとしているところに久部が来る。

東海林さん、俺がやります。

立花は一命を止めることが出来た。

岩永、2課が捕まえたそうです。

君たちあれだな、通りすがりに呼吸困難な人を助けただけだよな。もう帰って下さいジャマだから。

中堂の執念と宍戸の思惑

ミコトと東海林は、一緒に飲みに行く。

友だちじゃありません、ただの同僚ですから。

UDIラボでは、中堂と神倉が飲んでいた。

いやーでも三澄さんの行動力には、目を見張りますね。先日も中堂さんと木林さんの後をつけて所沢の葬儀場まで行ったくらいですからね。

神倉は、中堂の反応が意外だと思った。

気づかなかった?中堂さんもワキが甘いな~。三澄さんも一緒に調べるつもりですよ。

中堂が探している恋人を殺した犯人、その手掛かりを見つけるつもりでいた。

あいつはヒマなのか?

久部は、宍戸に会っていた。

あいつどんな顔してた?

「お前のしたことは消えない、裁きを受けろ」、この紙を貼ったのは宍戸の仕業だった。

久部の父親は、病院の教授だった。2人の兄も医者になっている。久部自身は、大学を休学中だった。

UDIラボにリークしようか?週刊誌の子ネズミが紛れ込んでますが大丈夫ですかって。

それを知ったら三澄ミコトは許してくれるだろうか?

ドラマ「アンナチュラル」感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です