嵐にしやがれで紹介された!豪徳寺にある辣上帝の「酸辣粉(サンラーフン)」

嵐にしやがれ
スポンサーリンク

東京の世田谷区の「辣上帝(ラシャンティ)」は、中華料理店です。

2月8日(土)の「嵐にしやがれ」では、横浜流星さんと要潤さんがゲストに登場しました。旨辛グルメデスマッチ・ 酸辣粉に挑戦します。

辣上帝(ラシャンティ)

豪徳寺にある「辣上帝(ラシャンティ)」は、訪日中国人が絶賛するほどのお店です。SNSでも話題になっています。

中国メディアが取材するほどの人気メニューは、酸辣粉(サンラーフン)です。

酸辣粉(サンラーフン)とは、中国人が愛してやまない屋台メシです。とても中国の味に似ていると好まれています。

オーナーの田中久子さんは、7年をかけて開発した味です。

食べログページはこちらから⇨「辣上帝(ラシャンティ)

酸辣粉(サンラーフン)

「酸辣粉(サンラーフン)」は、牛と豚の合挽き肉をしょう油ベースのタレで煮込みます。

酸辣粉(サンラーフン)の命のも呼ばれるのが、さつま芋を原料とした極太春雨です。日本の春雨と違って、ほんのりと甘いのが特徴です。

丼に春雨と白菜、肉ダレをかけます。もち米から作った中国産の黒酢をかけます。辛みは、ラー油と山椒、大量の唐辛子をのせます。

食感のアクセントにピーナッツをもりつけたら出来上がりです。お値段は、1,177円(税込み)です!

クイズ

お店の近くにある豪徳寺は、あるものの発祥の地です。一体何でしょう?

答えは、招き猫でした。招き猫の発祥の地といわれている。奉納所には1,000体以上の招き猫が並んでいる。正解したのは、要潤さんでした!

(記事内の画像出典:食べログ

コメント