【半分、青い】107回あらすじと視聴率!涼ちゃん帰ってきて鈴愛が決める覚悟

鈴愛には、忘れられない電話番号があった。悲しいとき辛いとき、いつも側にいてくれた。離れ離れになっても思いは変わらない

第107回、鈴愛は律の家に電話をしてしまう。聞いたこともない声が聞こえた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」107回視聴率

第18週「帰りたい!」第107話が8月3日(金)に放送されました。気になる視聴率は、20.8%
でした!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」107回 あらすじ(8/4放送)

忘れられない電話番号

鈴愛は、律の実家に連絡をする。電話に出たのは、小さな男の子だった。

えっ、ダレ?和子おばさん、いますか?

電話に出たのは、律の子どもだった。萩尾翼、5歳。ステキな名前だった。

律の子どもか?信じられないな、翼くん。

律は、母親のことを心配していた。翼は、電話があったことを伝える。声から想像して絵を描いていた。

しかし、これ誰だ。

涼ちゃん帰ってきて

光江は、涼次の母親代わりだった。家族を捨てようとしている涼次を許せなかった。

本当にいいのか?

涼次の選択は、人としては間違っている気がする。でも、監督としての道を選ぶなら温かいモノに囲まれていたくなかった。

鈴愛は、祥平の家を訪ねることにする。

涼ちゃん、あけましておめでとう。今年もよろしく。じゃあないか。

涼次の気持ちは、変わることはなかった。

嫌だ、私は別れるのは嫌だ。あの時から、涼ちゃんが雨の中傘をささないで私と踊ってくれたときから、涼ちゃんに恋してる。

鈴愛は、涼次のことが大好きだった。

好きで好きで仕方ない。涼ちゃん、帰ってきて。

悲しみの涙は、鈴愛の頬を流れ落ちる。これほどの悲しみの涙は、もう流したくない。鈴愛の心も決まっていた。

朝ドラ「半分、青い」107回感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です