【半分、青い】113回あらすじと視聴率!鈴愛の生きる強さが裕子を支えた

夏虫の駅でプロポーズされた日、鈴愛は律に本当は待っていて欲しかった。ボクテは、酔っぱらって話してしまう。

第113回、鈴愛は律のことが今でも好きだった。でも、その気持ちは心の隅っこに隠し込んだ。

朝ドラ「半分、青い」113回視聴率

第19週「泣きたい!」第113話が8月10日(金)に放送されました。気になる視聴率は、分かり次第報告します!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」113回 あらすじ(8/10放送)

ボクテの暴露

鈴愛ちゃんは、律くんのことが好きなんだ。

何で言う、何でボクテが言う。どうせ言うんやったら自分で言いたかった。

鈴愛は、縁側から落ちてしまう。律は優しく手を差し伸べた。

鈴愛、今の話ホント?

鈴愛は、どう答えていいのか分からなくなった。

僕は、鈴愛の気持ちに答えることは出来ない。なぜなら既婚者だ。以上だ。

律は、夏虫の駅でのことは知っていた。

あれは惜しかった。あのプロポーズ断ったのは、惜しかった。

そんなことがあったとは、晴は何も知らなかった。

鈴愛の強さが裕子を支える

この前、ともしびで見つめられて。律を支えたい。そう言われたけど、僕は結婚している。

鈴愛は、友だちとして律を支えたかった。

いやいやいや、そういうのとは違う。だから謝らなくてもいい。私をふらなくてもいい。

裕子とボクテは、今でも律を想う鈴愛の気持ちを確信した。

でもさ、何で家族全員の前で律にフラれなあかん?

二人の関係は、ナチュラルでみんなの中でオープン。家族中から見守られている大切な関係だった。

私は、ジンときた。

裕子は、看護師になるために学校に通っていた。実習現場では、大変なことばかりだった。

私は所詮、お嬢様だったんだって。現場は大変、白衣の天使の夢だけではやっていけない。

裕子は、悲しい時、辛い時いつも鈴愛の顔が見たくなった。

どんなに秋風先生に原稿ほうり投げられても、描いて描いて最後まで「オフィスティンカーベル」に残った鈴愛に会いたくなったんだよ。

鈴愛の社長宣言!

鈴愛は、実家に帰ってきて何もしていない。

やるよ、鈴愛は何かやるよ。鈴愛のパワーは、生きる力はすごい。

裕子は、一緒にネームをやった日を思い出していた。

何回だって生まれられるって思える。人生の中で新しい自分が生まれる。

裕子は、看護師として生まれる。看護師になったら、鈴愛は愛に行く約束をした。

その顔、鈴愛の笑顔が見たかった。

鈴愛は、仙吉が五平餅を作っていないことが気になった。お店にきたブッチャーは、自分の会社に雇ってやると言い出す。

それには及ばん、ブッチャーに雇われるくらいなら物乞いをする。私は、人には使われん。社長をやる。

朝ドラ「半分、青い」113回感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です