【半分、青い】114回あらすじと視聴率!男は女の夢には付き合えない

鈴愛は、「つくし食堂」の2号店を出すと言い出した。晴は、離婚のショックで頭がおかしくなったと思った。

第114回、鈴愛の夢にずっと付き合ってきた。晴の夢は叶えてくれないのか?母親の理不尽さを感じた。

朝ドラ「半分、青い」114回視聴率

第19週「泣きたい!」第114話が8月11日(土)に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第に報告します!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」114回 あらすじ(8/11放送)

鈴愛の思いつき人生

「つくし食堂」の2号店を出す。お金は、カツ丼で当てたものを使う。鈴愛の話はいつも強引だった。

この店の未来が決まります。

律は、鈴愛と晴の性格をよく知っていた。今起こったことは今解決する。ちょっと後でが通じない二人だった。

お母ちゃんは、草太のカツ丼が流行ってそのお金を隠し持っている。

あのカツ丼は草太が考えた。玉ねぎなしのメレンゲふわふわのカツ。カリッカリのカリふわカツ丼。

マンガ家になりたいと言い出して東京に行った鈴愛。何の連絡もしないで離婚して出戻る。また思いつきだと思った。

あんたの37年間は、すべてが思いつきや。その場の思いつきだけで生きれるやないか。

鈴愛は、そのお金を貸して欲しいとお願いする。倍にして返すと約束した。

カフェで五平餅を出す!

鈴愛の考える2号店は、気軽に立ち寄れる小さなカフェだった。

そこで出すのは、カツ丼やない。お祖父ちゃんの五平餅や。

仙吉は、今さら新しい店はできないと思った。鈴愛は、仙吉の作る五平餅を引き継ぐ覚悟でいた。

見てこれ。夕霧高校近くのジュースとか肉まんとか売っていた店が閉まっとって。

鈴愛は店を出す場所を決めていた。でも、お金は宇太郎と晴が旅行に行く資金だった。

あかん、あのお金で俺と晴さん世界一周するんや。

豪華客船にのって、オーストラリアとニュージーランドに行く予定を立てていた。

晴さんウチにきてから働きづめや。乗ったらええ。

鈴愛は、そういうことなら諦めようと思った。

いや、あれだな。あそこに店の本棚に鈴愛のマンガ並んでないんだな。「一瞬に咲け」。

マンガ家であったことを花野は知らない。知られたくなくて本棚から外した。

晴のクルージングの夢VS鈴愛の2号店

横浜港から出発して、サイパン・オーストラリア・ニュージーランド・グアムを回って帰ってくる。

2ヵ月くらいや。

草太は、自分の貯金を足して世界一周したらいいと思った。仙吉も年金を出す。

何言っとるお母ちゃん、みんなで働いたお金や。お母ちゃんは、お姉ちゃんと俺を育てて全然贅沢しとらん。

ええんかな?あのな、こっちが世界一周のパンフレットや。プールがあるんや。

晴は、世界一周のパンフレットも持っていた。

店の構想や、夕霧高校のバス停に出す店の構想や。五平餅を電車の中で売ったらどうやろ。

店の作りを電車の中のようにする。宇太郎は、石ノ森章太郎のマンガ「ドンキッコ」を持ってきた。それは電車に住む話だった。

電車の中で五平餅が食べられる。

それいい楽しそうや。高校生はそういうアホなの好きや。

宇太郎は、チンチン電車に住むのが夢だった。晴は、パンフレットを丸めて捨てた。

どうぞご自由に、チンチン電車でもジャンボジェットでもやって下さい。私は付き合いきれません。長い間、どうもお世話になりました。

8月13日(月)から第20週「始めたい!」がスタートします!仙吉が鈴愛に五平餅を教える、律は花野にマンガ家だったことを話してしまう。そして、律の妻が登場します。

朝ドラ「半分、青い」114回感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です