【半分、青い】112回あらすじと視聴率!いつだって律は優しい過去には戻れない残酷さ

「つくし食堂」には、ボクテと裕子が遊びにきていた。お店を閉めてまでの大歓迎で迎えた。

第112回、

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」112回視聴率

第19週「泣きたい!」第112話が8月9日(木)に放送されました。気になる視聴率は、23.7%でした!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」112回 あらすじ(8/9放送)

鈴愛だから出来る優しさ

晴の作った料理が食べたい。懐かしい母親の味がする料理が嬉しかった。

僕、僕って言うからボクテなんです。本名、藤堂誠よろしくお願いします。

仙吉は、ボクテに挨拶されてしまう。鈴愛は、律のところに連絡をする。

お母さん、ちょっと鈴愛ところ行ってくる。東京の友だちも来てる。

弥一は、地酒を持たせてくれた。

また、こうやって行ってらっしゃいなんて。あの子を見送ることあるなんて思わなかった。子どもみたい。

鈴愛は、律に連絡するときに必ず家に電話をしてくる。それは、鈴愛の優しさだった。

気を使ってくれてるのよ。必ず律に代わる前に、和子おばちゃん調子どうって聞く。

鈴愛ちゃんは優しいなあ、律も鈴愛ちゃんと一緒に。

律の妻・より子は、翼の小学校があるため大阪に残った。そのことを弥一は、よく思っていなかった。

新しい道を見つけた仲間たち

裕子は、看護学校に通っていた。律が地酒を持って来る。

よう来たね、いらっしゃい。

裕子の子どもは中学生になっていた。律は、自分の子どもの写真を見せた。

律に似とる。

ボクテは、美容師の彼氏の写真を見せる。仙吉は、男が男と一緒に映した写真を見て驚く。

爺ちゃんには、カルチャーショックや。ジェネレーションギャップに地域格差もあるかも知れん。

草太は、マンガ「女光源氏によろしく」を持ってきた。

あのお願いが。1巻目だけでいいのでボクテさん、サインを。

鈴愛と律がすれ違った夏虫の駅

ボクテは、酒を飲んで酔っていた。

だからね、僕は律に聞きたいの。夏虫の駅で鈴愛ちゃんにプロポーズしたんでしょ?

家族は、初めて聞く話に驚いた。鈴愛は、大阪まで行ったことを話してしまう。

僕って乙女だから、純粋だからピュアだから。二人がすれ違ったままとか絶対に嫌なの。二人が誤解したままとか、あるべきじゃないって思う。

あの日、あのとき、あの場所で無理と言ったのは。そこで花野がトイレに起きてきた。

あの、でもここはいっそのこと本当のこと律くんに知らせるってのもあるんじゃないですか?

鈴愛は、夏虫の駅で律からのプロポーズを断ってしまった。

無理って言ったのは?律くんを嫌いだって言ったわけじゃないんだ。

ボクテは、鈴愛のマンガをパクってクビになった。裕子は、結婚して辞めてしまった。「オフィスティンカーベル」を辞めるワケにはいかなかった。東京を離れるワケにはいかなかった。

そのために無理っていっただけなんだ。本当は、鈴愛ちゃんは律くんのことが好きなんだ。

何で言う?何でボクテが言う?どうせ言うんやったら、自分で言いたかった。

鈴愛は、縁側から落ちてしまう。律は、鈴愛の手を取った。

鈴愛、今の話ホント?

朝ドラ「半分、青い」112回感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です