【半分、青い】142回あらすじと視聴率!いくつもの伏線が繋ぐ未来とは

晴(松雪泰子)の手術は、無事に成功した。鈴愛(永野芽郁)は、東京に戻ることになる。

第142回、自然の風をあびてバキュラが優しく揺れる。ドリルのような風を変えろ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」142視聴率

第24週「風を知りたい!」第142回が9月13日(木)に放送されました。気になる視聴率は、21.8%でした!

朝ドラ「半分、青い」142回 あらすじ(9/13放送)

津曲の息子

鈴愛は、草太とハグする。宇太郎ともしようとするが、日本男児だからできないと断った。

晴さん、鈴愛行った。またすぐ見舞いにくるっていっとった。

晴は、鈴愛に会えるのは嬉しいけど帰るときが寂しいと思った。

ハグしやあ、よかったかな。

津曲の息子・修次郎がやってくる。「ヒットエンドラン」の社長ということになっている津曲は焦る。

これね、カフェが人手が足りなくて手伝ってるんだ。お父さんさ、ラーメン作れるようになったんだ。

修次郎は、「ひめっち」を持っていた。津曲は、ラーメンを作る。

いや、ひとりで出来るから。そこはいい。

修次郎は、小学校のときに午後のにわか雨のように不意打ちのイジメにあう。それから、ずっとマスクを外さなくなっていた。

風の流れを可視化する

鈴愛と律は、「スパロウリズム」を立ち上げた。来る日も来る日も、風の研究をしていた。

風つよすぎて辛そう。

鈴愛は、恵子のところからバキュラを借りてきた。そよ風にあてる気持ちよさそうに揺れた。

スモークマシーンや、これで風の流れを可視化する。

そよ風と扇風機では、風の形が違う。扇風機には、渦があった。

扇風機は、この渦のせいでドリルみたいな風。衝撃が積み重なる。この渦をなくすことが一番のポイントだな~。

鈴愛は、夜になっても勉強を続けた。

父ちゃん怒っとる。お母ちゃんの前で言うことないやろって。

ドクターは、組織検査をした結果を話した。5年生存率は、50%しかない。オペ前の予測より進んでいた。

でも、ガンってそういうモノですから。

二人で作ったゾートロープ

晴は、鈴愛と律が二人で作ったゾートロープを見ていた。

あった。

鈴愛は、小学生のときに左の耳が聞こえなくなった。その時にゾートロープを作って見せた。

すずめー。すずめー。

晴は、糸電話の片方で名前を呼んだ。

お母ちゃん、おねえ今週末くるって。

晴の声は、鈴愛に届いた。

朝ドラ「半分、青い」142回感想

(記事内の画像出典:公式サイトより

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です