【半分、青い】68回あらすじと視聴率!ライバルがいるから頑張れる2つ目の誕生日

北野編集長は、月間「ビックイブニング」に行くことになる。秋風は、裕子の連載をお願いする。

第66回、鈴愛と優子の生きてきた道は対照的だった。だからこそ分かり合えたのかも知れない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」68回 視聴率

第12週「結婚したい!」第68話が6月19日(火)に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」68回 あらすじ(6/19放送)

スズメには負けない!

裕子の書いた「5分まって」は、月間「ガーベラ」より柔らかい男性誌に向いている。

手土産にぜひ小宮裕子を「ビックイブニング」に、もっていって頂きたいです。

裕子は、「5分まって」の連載をとると決めていた。やがてゴールデンのテレビドラマ、そして最終回は映画にする。

スズメには負けない。

月間「ビックイブニング」では、裕子のマンガの連載の話が出る。

大丈夫、よく出来ています。手直しすれば、すぐに連載に行けます。行かせます。

スズメ連載決定だ。

つまらないモノは書くな!

鈴愛は、ネームを書いていた。

つまらないものなら書くな、この世にない方がマシだ。その時間で君たちは、バーガーショップでバイトをした方が、世のため人のためだ。

秋風の言葉を思い出す。鈴愛のひとり言に裕子が集中できない。

つぐみ普通の高校生の設定だよね、さすがに世界新記録は飛ばないと思う。

裕子は、部屋の掃除をしていた。ふたりはプレッシャーからかネームが書けないでいた。

できんときはできん。気分転換しよう。

鈴愛は、グルグル定規で絵を書くことにする。裕子は、シーナ&ロケッツの「神様」が好きだった。

気がはれない。追い詰められていく。

秋風は、「5分まって」やっぱりドラマに向いていると思っていた。その研究をしていた。

裕子の本当の夢は看護師だった

裕子は、本当は看護師になりたかった。

小学校の時に足を折って入院したら、看護婦さんが優しくて優しくて。嬉しかった。

裕子の母親は、フランスかぶれで厳しく育てられた。

人に甘えるのって、こんなに気持ちいいんだって思った。安心した。

親に話すことはできなかった。裕子は、閃いた。

ここは海、満点の星。落ちるように大きい。私たちはスケート靴を履く。フィギュア。

海の上をすべることができる。海のリンクをすべることができる。

夜の海は緑、深ーい緑。

鈴愛が大好き!

鈴愛と裕子は、対照的だった。期末テストで友達と一緒に勉強をしたことを思い出す。

私は、いっつも友だちより早く寝てしまった。

私は、いっつも朝まで勉強していたよ。

夜中まで続いた裕子の創作は、やっと出来上がった。裕子は、寝袋で眠る。

できた。

鈴愛は、明け方までネームを書く。

夢の中で裕子は、看護婦さんやった。毛布かけてくれる。

私、スズメ好きだ。スズメといると何でもしゃべれる気になる。私とボクテは、自分のことを喋れない子だった。

鈴愛がふたりの心を柔らかくしてくれていた。

柔らかくなって、弾んで飛べるような気がする。

今日は、マンガ家としての誕生日にする。

赤ん坊としては、律と一緒に生まれて。マンガ家としては、裕子と一緒に生まれた。嬉しいな。

朝ドラ「半分、青い」68回感想

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です