【半分、青い】70回あらすじと視聴率!マンガ家は自分のいる世界ではない裕子の本気

喫茶「おもかげ」では、鈴愛とボクテが会っていた。そこへ秋風が来てしまう。

第70回、秋風はロボットじゃない!本当の優しさを持った人だった。

朝ドラ「半分、青い」70回 視聴率

第12週「結婚したい!」第70話が6月21日(木)に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」70回 あらすじ(6/21放送)

秋風の優しさ

ボクテは、3年前に秋風を裏切っていた。他の出版社にマンガを持ち込んでしまった。

今週号の「女光源氏によろしく」3ページ目、4コマ目のアングルが弱い。ボクテだったら、もっとできるはずだ。単行本になったときに直しておきなさい。

ボクテは、どこかで秋風に会えるかも知れない。そんな期待を持っていた。秋風は、裕子のことを心配していた。

師匠の私には言えなくても、同期の友だちには言えることもある。聞いてやって欲しい。

講談館出版で裕子の道を探って欲しい。秋風は、そこまで考えていた。

ただ私は、そんなに簡単にはいかないと思っている。

マンガ家として生きる道は険しい

裕子は、ブランドの洋服を並べていた。

私いい人みつけちゃった。

アサギヨウジ、実家は仙台の老舗和菓子店だった。お金持ちとの出会いを嬉しそうに語った。

ヨウジさん、青山にオフィスとマンション持ってて広いの。そこで暮らしてい。

裕子は、インテリアコーディネーターの勉強をしようとしていた。

私は、若さと美しさで手に入れたんだよ。ヨウジさんを自分の力で。

マンガのことは、どうするのか?

もう私疲れちゃった。マンガってさ、ゼロから作るじゃない。もう出来上がってるものから選ぶ方が楽なんだ。

マンガ家の仕事は、外に出ることはない。ただひたすらマンガを描く。

買った服を着る前に季節が変わる。1日にしゃべるのが宅配便のお兄さんだけ。私たちは、架空のラブストーリーを作るために、いくつの自分の恋を犠牲にしたんだ。

人を感動させる仕事

鈴愛は、真っ白なスケジュールが好きだった。ただマンガを描くだけでいい。それが幸せだった。

結婚もできないし、子どもも産めない。想像の世界の人になってしまう。マンガを描く機械だ。

鈴愛は、機械は同じモノしか作れないと言う。

私は、オシャレをしなくてもいい。流行の場所を知らなくてもいい。マンガを描くって、物語を作るって人を感動させるって人生超えてる。世界は私のモノだって、きっと思える。

秋風のようなマンガが書けるようになったら、きっとそう思える。

裕子、頑張ろう。

裕子は、自分のいる場所ではないと思った。

ここからお嫁に行けばいい!

裕子は、秋風にやめたいと言う。

もう、マンガに未練はないのか?

先生、ごめんなさい。私は、もう苦しい。楽したい。

裕子は、結婚することに決めていた。

一度、連れておいで。お相手を。18歳から24歳まで、ここに住んだんだ。ここから送らせて欲しい。ここからお嫁に行けばいい。

裕子は、雑誌にのっているウェディングドレスを見ていた。本棚に並んでいる「5分待って」を強く抱きしめた。そして泣いてしまう。

裕子が大好きだったマンガ家としての人生は、本当に終わってしまうのか?

朝ドラ「半分、青い」70回感想

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です