【半分、青く】85回あらすじと視聴率!マンガ家として生きた時間すべてが大切だった

鈴愛は、涼次が書いた詩を見て泣いてしまう。マンガ家として生きてきた時間を思い出してしまった。

第85回、諦めてしまった夢だけどファンに支えられてきた。あんなに苦しかった思いから、やっと解放される。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」85回視聴率

第15週「すがりたい!」第85話が7月9日(月)に放送されました。気になる視聴率は、22.6%でした!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」85回 あらすじ(7/9放送)

片耳しか聞こえない音の方向が分からない

鈴愛は、涼次の書いた詩を返した。

これ読んでしまいました。感動しました。涼ちゃんさんが書いたんですか?

田辺も読んでいた。

もしかして、楡木さんに見せようと思ってわざと置いてったんじゃないの?

鈴愛は、そうだったら嬉しいと思った。

100円ショップ「大納言」は、運動会があるため忙しかった。鈴愛は、お客さんに呼ばれても反応できなかった。

あの楡木さん、耳もしかして悪いんですか?

鈴愛は、左の耳が聞こえないことを話す。

片耳しか聞こえないと音の方向が分からないんです。

田辺が逃げる

光江は、「3月うさぎ」という帽子教室を開いている。100円ショップのオーナーでもある。

あんた大納言に顔出して、田辺はんは逃げる。あの人な監視しとかなあかん。

麦は、野鳥オタクだった。今日も野鳥を見に出かけようとする。

お姉ちゃんお腹空いた、朝ごはん何か食べるもん。

めありは、仕事も何もしていない。この3姉妹が100円ショップ「大納言」のオーナーだった。

田辺は、店の外にいる美女に呼び出される。

あ、俺ちょっと銀行。おつりの小銭がなくなっていたんだ。

神様が決めた意味のある時間

宇太郎は、鈴愛の本を買ってきた。

絶版になったら、もう買えんくなる。心配するな草太が会ってくるやろ。

晴は思った。鈴愛の10年は何だったんだろう。

東京だしてマンガ家やめて。何やったんやろ。

晴さん、どんな年月だって意味があるんやぞ。神様がそう決めとる。人間はそう決まっとる。自分の名前で本が出て御の字やろ。

晴は、不安だった。

マンガ家でいられた幸せ

涼次は、鈴愛の名前を聞いてくる。あまり言いたくなかった。

楡木さん、俺の好きな人と同じ苗字なんです。好きって言うか尊敬する人。マンガ家です。楡木スズメって言うんですけど。

涼次は、「一瞬に咲け」のファンだった。カメラオタク女の子と走り高跳びの男の子の話を始める。

彼の飛ぶところを撮るんですね、それで飛ぶ瞬間のことを一瞬に咲けって。いいでしょ。

コンビニで働いている彼のところに行くとチュッパチャプスを15コも買ってしまう。

1コずつお勘定してもらえると思って。もうカメ子可愛くて胸がキュンキュン。俺とにかく楡木スズメすげぇ好きで。

楡木スズメのマンガを2冊ずつ持っている。読む用と保管しておく用。次回作を待っていた。

ごめんなさい、次回作はありません。楡木スズメは、マンガ家をやめました。そして、こんなドンくさい女です。

鈴愛は、泣いてしまう。

俺ファンなんで、握手してもらっていいですか?

鈴愛は、初めてファンと握手した。

よかった、よかった。描いててよかった。読んでくれとる人がおった。もうやめてまったけど、あんなに苦しい思いして描いとったかいがあった。嬉しい。よかった。

涼次は、鈴愛をそっと抱きしめた。

朝ドラ「半分、青い」85回感想

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です