【半分、青い】91回あらすじと視聴率!新しい風と優しい気持ちが交わる

涼次は、鈴愛の家に挨拶に行くことになる。かしこまった挨拶に思わず笑ってしまう。

第91回、楡木家に新しい家族が増える。その新しい風と優しい気持ちが交わった。

朝ドラ「半分、青い」91回視聴率

第16週「抱きしめたい!」第91話が7月16日(月)に放送されました。気になる視聴率は、20.6%でした!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」91回 あらすじ(7/16放送)

仙吉の優しさに癒される!

楡木家に挨拶に行った涼次は、かしこまった挨拶に笑ってしまう。仙吉は、一緒になって笑ってしまう。

ツボ入っちゃった。

みんなで大笑いしてしまう。笑えなかったのは、鈴愛と草太だけだった。

おいしいです、鮎の甘露煮。

宇太郎は、涼次と地元の酒を飲む。とても楽しそうだった。

お祖父ちゃん、ありがとう笑ってくれて。どうなることかと思った。

仙吉は、いつも優しかった。

ああいうことあるでな。葬式で笑いたなったりな。

楡木家の新しい家族

涼次は、仏壇に手を合わせる。鈴愛は、お祖母ちゃんに似て美人だと思っていた。

ここに龍がいる。

鈴愛は、天井にある龍の形をしたシミを見せた。

小さい頃の鈴愛ちゃんに会いたかったな。

宇太郎は、涼次のことが気に入ったらしい。明日は、どこに行こうかと急かしてくる。

えーっとお風呂に入りながら考えていいですか?

晴もとってもいい人だと思っていた。

お風呂いただきました。みかんが浮いてていい香りで。

晴は、涼次のためにドテラを持ってきた。楡木家では、新しい家族が増えることが嬉しくてたまらなかった。

僕には家族がいなかった

鈴愛が湯冷ましを持っていくと、涼次は泣いていた。

俺、家族いなくて。僕の父親は、絵の仕事していて母親とふたりで海外に仕事の行くことになって。

両親がいない間、涼次は祖父母の家に預けられた。

行ってらっしゃいって送り出して。

空港に向かう途中で事故を起こしてしまった。

行ってらっしゃいがあったら、お帰りなさいがあるでしょ?いってらっしゃいのまま、終わりってことないでしょ普通。

涼次は、両親が亡くなったことを知らないで過ごしていた。

僕には、家族がいなかった。

私が家族になるよ。これからは、私が家族だし。楡木の家の人は、みんなアホだけどいい人だから。涼ちゃんの家族になるよ。

娘の幸せを誰よりも願う母親の思い

楡木家の庭には、犬小屋があった。涼次は、小さくてもステキな庭だと思った。

えっステキ。

晴は、ふくろうのブローチを鈴愛に渡す。目がサファイヤで口がルビー。晴が廉子からもらったものだった。

あんたが結婚するときにあげようと思っとった。

ありがとう、大事にする。お母ちゃん、お母ちゃん。

鈴愛は、晴に抱きつく。

大きいなってまって。結婚していくかね。おめでとう、鈴愛。

鈴愛と涼次の結婚式が行われる。新郎と神父が前に進もうとするときに、鈴愛は着物のすそを踏んでしまう。

あっ。

鈴愛は、転んでしまう。

朝ドラ「半分、青い」91回感想

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です