大泉洋と小池栄子が行ったお店!神戸北野ホテルの「世界一の朝食」

ぴったんこカンカン
スポンサーリンク

兵庫県にある「神戸北野ホテル」は、レストランです。

2月7日(金)「ぴったんこカンカン」では、大泉洋さんと小池栄子さんが登場しました。神戸の世界一の朝食を紹介します。

神戸北野ホテル

神戸にある「神戸北野ホテル 」は、客室は30室のホテルです。極め細やかおもてなしと地元産の素材にこだわった料理が評判です。

フレンチの巨匠ベルナール・ロワゾ―から譲り受けたレシピに地元産の素材と独自の調理法を融合したモノです。

日本で唯一提供を許されたのが「神戸北野ホテル」でした。ほとんどの宿泊客が朝食を食べます。テーブルが空いてる分、朝食だけ食べることが出来ます。

食べログページはこちらから⇨「神戸北野ホテル

世界一の朝食

「世界一の朝食」は、ヨーロピアンスタイルの朝食です。一生に一度は食べたい珠玉のメニューが並びます。

お値段は、7,150円です!(1泊朝食付 19,350円)

飲むサラダ

「飲むサラダ」は、オレンジジュース・パセリ青りんご・人参ビート・フリュイルージュトマト・パプリカマンゴーのセットです。

野菜とフルーツを2つ以上混ぜて、新しい味を出しています。低速回転ミキサーは、酵素そのままの野菜を生で食べているのと同じです。

栗の花のはちみつ&ヨーグルト

「栗の花のはちみつ&ヨーグルト」は、ヨーグルトの中に岩手産の栗の花のはちみつを入れます。混ぜすぎずに食べます。

はちみつの香りや甘さとヨーグルトの酸味が楽しめます。

栗の花のはちみつは、花が咲く6月下旬の2週間しか収穫できない貴重なはちみつです!

ヨーグルトの乳酸菌の量を10倍にしています。酸味が強く、その酸味を楽しんで頂きます。

サンドイッチ

「サンドイッチ」は、北海道産のバター(プレーン・トマト・パセを使います。食事パンの上にハムをのせます。

ハムは、シェフ厳選のジャンボン・ブランを使っています。パン・ハム・バターをのせて食べます。

ヨーロピアンスタイルのサンドイッチは、ハムの塩味とバターのコクが口の中で重なります。芸術的な一品です。

丹波地鶏の半熟卵

「丹波地鶏の半熟卵」は、ドイツ製エッグカッターを使って切ります。兵庫・豊岡産の誕生の塩をかけて食べます。

苺のコンフィチュール

「苺のコンフィチュール」は、兵庫県産の苺で低温調理真空調理をしています。苺の食感と風味を活かしています。

クロワッサンと一緒の食べるのがオススメ。フランスの小麦粉とバターを使って焼いています。

まずひと口だけクロワッサンを食べます。次に苺のコンフィチュールをのせて食べます。

(記事内の画像出典:食べログ

コメント