【まんぷく】10話あらすじと視聴率!福子(安藤サクラ)の優しいウソが涙を誘う

福子(安藤サクラ)は、萬平(長谷川博己)に手紙を書いた。咲(内田有紀)は、結核の専門医がいる・摂津病院に転院した。

第10話、咲の病室に桜の絵を飾った。夏までには病気は治ると誰もが願った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「まんぷく」10話 視聴率

第2週「…会いません、今は」第9話が10月11日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

ドラマ「まんぷく」10話 あらすじ(10/11)

桜の絵を見て夏を待つ

萬平は、結核の専門医がいる病院を探した。咲は、摂津病院に転院してから顔色が良くなっていた。

(私は待ちます。姉が元気になって、立花さんにお会いできる日が来ることを。私は心から願っとおります)

立花くんおりますか?僕や、世良や。

世良勝夫(桐谷健太)は、萬平の好きな人のことが気になっていた。

ありがとう、お母さん。でも毎日こなくてもいいのよ。

咲のところには、鈴(松坂慶子)が毎日のように来ていた。克子(松下奈緒)は、夫・忠彦(要潤)と一緒に見舞いに来る。

ここは桜が見えへんから。

忠彦は、桜の絵を描いてきた。夏までには、きっと退院できる。そう信じていた。

しばらく会わない?結核は長引くぞ。

勝夫は、萬平のことが気になっていた。加地谷(片岡愛之助)の誤解も解きたかった。ただ、いいモノを売りたい。それだけだった。

福子に苦労させたくない、母の想い

野呂幸吉(藤山扇治郎)は、牛肉の缶詰を持ってきた。咲に元気になって欲しいと福子に渡す。

やっぱり上手よね、どうして売れないのか不思議。

咲は、立花の紹介があったからこそ転院することが出来た。咲も真一(大谷亮平)も心から感謝していた。

立花さんに今度いつ会うの?

木曜日かな。

福子は、咲にウソをついた。鈴は、福子に苦労をして欲しくない。だから、勤め人と一緒になってもらいたかった。

私は武士の娘です。あなたたちをちゃんとした学校に入れて、将来のために英語も習わせました。

鈴は英語教師になりたかった。でも、夫を支えるために夢を諦めていた。

結婚相手は、堅実な人が一番。旦那様に振り回されるような、そんな生き方をあなたにはさせたくないの。

加地谷は、軍を喜ばせるための新兵器を作るように言い出す。

新兵器?そういうのは僕は。

萬平と加地谷の間には、小さな溝が出来てしまう。それは、モノ作りに対しての考え方の違いだった。

小野塚さん、大丈夫ですか?

咲は、予断を許さない状況だった。真一だけが、そのことを知っていた。

朝ドラ「まんぷく」10話感想

(記事内の画像出典:公式サイトより

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です