【まんぷく】11話あらすじと視聴率!咲の最期に命の大切さを感じる

咲(内田有紀)の容態が急変する。もう何日も持たないかも知れない。医師からの言葉に家族は、ショックを受ける。

第11話、咲に残された時間は少ない。それでも家族は奇跡を信じた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「まんぷく」11話 視聴率

第2週「…会いません、今は」第11話が10月12日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、21.9%でした!

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

ドラマ「まんぷく」11話あらすじ(10/12)

咲の命、奇跡を信じる家族の想い

咲の余命は、わずかかも知れない。鈴(松坂慶子)は、医師からの言葉を信じようとしなかった。

あなた、お願いだからあの娘を助けてやって下さい。

仏壇に向かって祈る。家族みんなが悲しみの中にいた。誰もが奇跡を信じていた。

(姉が元気になって、立花さんにお会いできる日が来ることを、私は心から願っております。)

萬平(長谷川博己)は、福子(安藤サクラ)からの手紙を見つめる。

金属材料や電気部品が、あっちこっちから出回ってるんや。軍事物資やからな、憲兵は血眼になって犯人捜ししてるわ。

世良勝夫(桐谷健太)は、横流しの話をする。野呂幸吉(藤山扇治郎)は、保科恵(橋本マナミ)に缶詰を渡す。

保科さん、君のことが好きや。

牧善之助です。歯科医をやっています。私は、あなたを好きになってしまいました。

恵は、二人もの男から告白されてしまう。

病院からの電報、サキキトク

福子は、咲のところに行く。病室には、鈴が朝から来ていた。

ありがとう、お母さん。

咲は、一度もせき込まなかった。立花がやぶ医者を紹介したと言い出す。

あんな人とは、もう関わらないでね福子。私をもうこれ以上、心配させないで。

そこへ、咲の病院から電報が届く。(サキキトク)病院に駆けつけると、意識をなくしていた。

ウソや、ウソ。咲姉ちゃん。

咲は、静かに目を開いた。酸素マスクを外す。

ごめんなさい、あなた。ごめんね克子、忠彦さん。福子、お母さん。ありがとう。

咲は、静かに息を引き取った。

悲しみの中にいる福子の涙

福子は、萬平に会いに行く。

先週の火曜日、姉が亡くなりました。せっかくいい病院紹介して頂いたのに、本当にお世話になりました。失礼します。

福子は、悲しみの中にいた。萬平は、後ろ姿を見送ることしか出来なかった。

朝ドラ「まんぷく」11話感想

(記事内の画像出典:公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です