【まんぷく】12回あらすじと視聴率!真一(大谷亮平)の説得力が気持ちを動かした

昭和17年(1942)の夏、日本はアメリカとイギリスを敵に回す戦争をしていた。新聞には、日本が勝ち進んでいるとあった。

第12話、福子は咲を失った悲しみの中いた。真一の言葉で萬平に会いに行くことを決める。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「まんぷく」12回視聴率

第2週「…会いません、今は」第12話が10月13日土曜日に放送されました。気になる視聴率は、20.9%でした!

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

ドラマ「まんぷく」12回あらすじ(10/13)

咲を失った苦しみ

大阪東洋ホテルは、お客さんの数が減っていた。咲(内田有紀)亡くしても福子(安藤サクラ)は明るくしていた。

ただいま。お母さん、ただいま。明かりぐらいつけたら?

鈴(松坂慶子)は、お昼にウトウトしていると枕元に咲が立った。

お父さん、また新しい仕事始めるんやて。凝りへんね、せやけど応援してあげないと。お母さんは心配しなくていいから。

咲は、天国でお父さんの世話を焼いている。その姿は、咲らしかった。福子は、咲の笑顔を思い出した。

咲姉ちゃん。

福子は、誰にも見られないところで泣いてしまう。萬平(長谷川博己)は、ため息ばかりついていた。

お姉さんが亡くなったんです。

加地谷(片岡愛之助)は、自分だったら縁がなかったと他の人を探すと言い放つ。

大事な人を簡単に手放すな!

福子は、真一(大谷亮平)会いに行く。真一には、赤紙がきていた。

もうこの家に一人でいることもない。あの写真も、咲と一緒に行ってくる。

真一は、萬平の話をする。

会うてないんです。咲姉ちゃんが亡くなってから。今は誰かとお付き合いするとか結婚とか、考えられません。

それでいいんか?立花さんは、福ちゃんにとって大事な人ではないの?自分の気持ちに正直になるべきだ。咲やお母さんは、関係ないんと違うか?

大事な人がいるなら、生きてそこにいるなら、簡単に手放してはいけない。咲を亡くした真一の言葉は、福子の気持ちを動かした。

ごめんください。ごめんください。立花さん、すいません勝手に入ってきてしもうて。何回か声かけたんですけど。

すいませんでした、連絡しなくて。姉が亡くなって、母の世話と仕事のこと以外何も考えられなかったんです。

立花さんにも、もう会わないほうがええて。でも、やっぱり私は、私は。

そこへ憲兵がやってくる。萬平は、軍事物資の横領の容疑で逮捕されてしまう。

10月15日(月)からは、第3周「そんなん絶対ウソ!」がスタートします。萬平の逮捕は、何かの間違いだと福子だけが信じていた。

朝ドラ「まんぷく」12回感想

(記事内の画像出典:公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です