【まんぷく】13回あらすじと視聴率!萬平は誰かにハメられた福子はどうする

福子(安藤サクラ)は、萬平(長谷川博己)に会いに行く。そこへ、憲兵がきて軍事物資の横領の疑いをかけられてしまう。

第13話、萬平は憲兵に連れて行かれる。福子は萬平を信じると決めていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「まんぷく」13回視聴率

第3週「そんなん絶対ウソ!」第13話が10月15日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、21.8%でした!

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

ドラマ「まんぷく」13回あらすじ(10/15)

ジュラルミンの横流しで萬平が捕まる

萬平は、憲兵によって拘束されてしまう。福子は、心配でいられなかった。

私もまだ咲のことばっかり考えてしまうわ。こんなに早く逝かなくても。

横流しって何?お母さん。

福子は、萬平のことで頭がいっぱいだった。鈴は、横流しを精霊流しと勘違いしてしまう。

悪いことやないわよ。でも、あれは長崎とかあっちのあれやから。

絶対何かの間違いよ。

萬平は、横流しの疑いをかけられて拘束されていた。

軍事物資の横領は重罪だそ。

ジュラルミンが大阪港の倉庫から見つかった。捕まった闇業者は、立花萬平から買ったと証言していた。

ジュラルミンはウチが軍に納めている根菜切断機や。それを俺に黙って闇業者に売り飛ばしていたんや、あいつは。

福子が萬平を信じる気持ち

加地谷(片岡愛之助)は、金目当てに自分を裏切ったと決めつけていた。

そんなこと、あの人がするワケありません。

福子は、萬平を信じていた。憲兵が捕まってしまった、もう会うことはできない。

ずっと上の空なのよ。お茶碗は割るし、靴かて左右反対に履いたりして。時々、何言うてるのか分からないし。

鈴は、福子の不安定さは咲のことだと思っていた。

福ちゃん?

福子の親友、鹿野敏子(松井玲菜)と池上ハナ(呉城 久美)がホテルに来る。福子は、誰にも言えない思いを打ち明ける。

憲兵隊に?立花さんが?

二人は、萬平の心配をしている福子が分からなかった。

萬平は無実を訴える

福子は、萬平からのプロポーズを受けるつもりでいた。でも、咲のことがあって距離を置いていた。

でも、咲姉ちゃんの病気が分かって亡くなって。私は、自分は幸せになってはあかんって思ってたんやけど。

大事な人が生きて目の前にいるなら、手放してはいけない。福子は、真一に言われていた。

私、自分から立花さんに会いに行ったの。そしたら、目の前で。私の目の前で憲兵に連れて行かれて。助けてー。

萬平は、牢屋に入れられてしまう。

僕は、無実です。本当なんです。何もやってないんだ、僕は。

福子は、萬平のことを思って泣いてしまう。

朝ドラ「まんぷく」13回感想

(記事内の画像出典:公式サイトより

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です