【まんぷく】28回あらすじと視聴率!不平等な時代を生き抜いた若者たちの体験

克子(松下奈緒)の家に何者かが入り込んだ。部屋の中を物色している。家族が眠っているときのことだった。

第28回、ハンコ屋で儲かったお金を狙った泥棒が入った。その男は、戦争の被害者だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「まんぷく」28回視聴率

第5週「信じるんです!」第28回が11月1日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

ドラマ「まんぷく」28回あらすじ(11/1)

鈴が泥棒を逮捕!

克子の家には、泥棒が入った。引き出しの中にあったハンコのお金を持ち出そうとしていた。

何をしているの?泥棒や、皆のモノ出あえ出あえ。

鈴(松坂慶子)は、物音に気がついて起きてきた。

警察だけは、堪忍して下さい。お願いします、警察だけは。

神部茂(瀬戸康史)は、戦争から帰ってきたら家がなくなっていた。母親もなくなっていた。

仕事もないし、金もないし。追い詰められて。

ハンコを作る行列ができていて、後をつけてきた。茂は、お腹が空き過ぎて倒れてしまう。

うまい、うまいです。

茂は、朝早く掃除を始める。ご飯のお礼をすることした。

忠彦がフィリピンから戻った

茂に仕事はない。でも、もう泥棒はしないと決めた。

僕は戦争に行かなかったから、彼の様な人には引け目を感じるよ。

茂のように戦争から帰ってきても、家や仕事を失った人で溢れていた。克子の家には、また何やら怪しげな影が映る。

お母さん、僕です。忠彦です。どうして、お母さんがここに?克子。

忠彦は、生きて戦争から戻ってくることが出来た。克子は、嬉しくて泣いてしまう。

フィリピンからの船がなくて、遅くなってしまいました。

忠彦は、大きくなった子どもたちを見つめた。

ありがとう克子。まだ信じられへん、生きて帰って来られたことが。戦争は地獄や。

克子の家では、朝からご馳走がならんだ。

バンザーイ、バンザーイ。

庭には、帰ったはずの茂が戻ってきていた。

朝ドラ「まんぷく」28回感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です