【まんぷく】29回あらすじと視聴率!萬平が裏切者にエールあなたの人生を生きて下さい

克子(松下奈緒)の夫・忠彦(要潤)が戦地から戻ってきた。泥棒に入った神部茂(瀬戸康史)は、棲みついてしまった。

第29回、闇市では絶望から立ち直れない男の姿があった。福子は、怒りの全てをぶつけた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「まんぷく」29回視聴率

第5週「信じるんです!」第29回が11月2日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

ドラマ「まんぷく」29回あらすじ(11/2)

茂は学歴のある泥棒だった

忠彦は、ハンコ作りを手伝うことになった。茂は、子どもたち勉強を教えることになる。

でも、大阪帝大を卒業しました。

子どもたちは、楽しそうに勉強をした。

彼は、アトリエに寝てもらおう。実は、フィリピンで目をやられてね。

敵の照明弾が不発のまま忠彦の後ろに落ちてきた。振り向いたとたんに爆発してしまう。

色がよく分からなくなった。特に緑と赤の区別がつかないんです。

忠彦は、絵を描くことができなくなってしまった。

闇市では、したたかに逞しく生きている人、絶望から立ち直れずに気力を失った人。新しい時代に希望を見出している人がいた。

戦争で死んでしまった元戦友

闇市の隅の方にハーモニカを吹く男の姿があった。よく見ると加地谷(片岡愛之助)だった。

久しぶりやな。君ら結婚したのか?おめでとう。

憲兵につかまった時のことを福子(安藤サクラ)は責める。憲兵は、もういないのに日陰で生きると決めていた。

君の才能が羨ましかったんやろな。俺は、ほとほと自分が嫌になった。生きている意味が分からへん。

加地谷圭介という男は、戦争で死んでしまった。萬平(長谷川博己)は、憲兵隊に捕まったから福子と結婚できたと話す。

もう終わりだ、福子。

萬平が苦しい思いをした時、福子は待つことしか出来なかった。傷だらけの萬平の姿を忘れられない。

ほんまにもうなんとも思ってないんですか?加地谷さんのこと。

世の中には、人を恨むことで頑張れる人間もいる。でも、萬平には出来なかった。

加地谷さんですか?立花さんがこれを渡してくれって。言伝があります。

(諦めないでどうか生き抜いて下さい。あなたの人生の主役はあなたなんですから。)萬平は、ハンコを渡した。

朝ドラ「まんぷく」30回感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です