【まんぷく】41回あらすじと視聴率!福子が密会していた疑うことを覚えた萬平

忠彦(要潤)は、取りつかれたように絵を描いていた。福子(安藤サクラ)は、心配で克子(松下奈緒)のところに向かうことにする。

第41回、何を大切にするべきなのか?ダレを信用するべきなのか?萬平が疑ったのは福子だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「まんぷく」41回視聴率

第7週「私がなんとかします!」第41回が11月16日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

ドラマ「まんぷく」41回あらすじ(11/16)

本人が幸せでも家族には心配する権利がある

小松原(前原滉)は、難波の闇市で世良(桐谷健太)を見つけた。商社の人間が闇市で仕事をするのか?疑問に思っていた。

世良さん、ウチの塩をちゃんと専売局に納めてくれたんでしょうか?実は闇市に流したりとか。

神部茂(瀬戸康史)は、世良のことを信用できるのか心配になった。

僕の友だちを悪く言うな。

鈴(松坂慶子)は、専売局に確認をする。かますは、8コ分しか納品されていない。萬平(長谷川博己)が渡したのは、20コ分だった。

8コで1,600円、お支払いしましたよ。

忠彦は、ずっと絵を描いていた。克子の作った食事を食べようともしない。福子は、真一(大谷亮平)と一緒に忠彦のところに行く。

せやけど私は、体を壊してまで萬平さんに働いて欲しいとは思いません。

本人は幸せでも家族には心配する権利がある。福子は、忠彦に鏡を渡す。

そんな顔のお父さんを毎日見て、タカちゃんが平気でいられると思いますか?

福子の不倫疑惑!

福子は、真一と一緒に歩いていた。

結婚はしないんですか?咲姉ちゃんのことは、忘れてええのにもう。

真一は、咲のことを忘れられたら結婚すると言った。森本元たちは、福子と真一の姿を見てしまう。

克子、お茶漬けを作ってくれへんか?

忠彦は、つきものが落ちたように元の姿に戻っていた。

僕は、いい夫でいい父親でいい絵描きになる。

森本元たちが戻って来た。萬平に何か言いたそうだった。

男と一緒に歩いているの見ました。奥様です。

福子は、夜10時過ぎに戻ってきた。そこへ克子から電話が入った。忠彦は、元に戻っていた。

来週から、またタカちゃん来てくれますよ。

福子は、萬平の心配をよそに寝てしまった。

朝ドラ「まんぷく」41回感想

見逃し動画配信サービス「まんぷく」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「まんぷく」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

動画配信サービス「U-NEXT」は、毎月1,200ポイント付与されます。(お試し期間中は、600円分のポイントがつきます)

U-NEXT

※紹介している情報は2018年11月19日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です