【まんぷく】68回あらすじと視聴率!どこか頼りない弁護士・東太一が守ったモノ

福子(安藤サクラ)と真一(大谷亮平)は、萬平の弁護士を探していた。駆け出しの弁護士、東太一の事務所を訪ねることになった。

第68回、罰金7万円を何とか作るしかない。弁護士・東太一が考えたこととは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」68回視聴率

第12週「絶対何とかなるから!」第68回が12月18日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、21.9%でした!

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

朝ドラ「まんぷく」68回あらすじ(12/18)

弁護士・東太一

東太一(菅田将暉)は、人見知りの弁護士だった。でも、東京帝大の法科を首席で卒業していた。

すでに実刑判決を受けている立花さんを助けるのは難しいです。しかも、アメリカの軍事裁判ですから日本の法律は適用されません。

福子は、罰金7万円を作る方法を知りたかった。

今の私たちに銀行は、お金を貸してくれません。せやから、どうやって7万円を払ったらいいのか?それをお聞きしたいんです。

東太一は、資産整理の経験がなかった。でも、やらせて欲しいと願い出た。

もしかしたら、ウチは倒産するかも知れんな。

森本元(毎熊克哉)は、罰金7万円を作ることは出来ないと思っていた。「ダネイホン」を待つ人たちは、困ってしまう。

社長が刑務所入っとるんやぞ、若い奴らに夜学に通わせやっただけで。社長は何も悪いことしてへんのに。

福子も会社のために頑張っている。社員は、今が一番頑張らなければいけない時。岡幸助が噛みついた。

すまんかった。ワシの悪いくせや、今まで生きて来てロクなことがなかった。

東太一は、裁判の判決文を読んでいた。福子は、萬平に紹介する。

「ダネイホン」を販売する権利を売却

萬平は、なぜ自分が捕まったのか分からなかった。それを教えて欲しい。

立花さんは、5人の学費1年分を一括で支払っていらっしゃいましたよね。これが高額すぎて見過ごすことはできないと判断されたということです。

先月、国税犯則取締法が改訂されていた。戦後の混乱期に脱税は横行している。

立花さんは、見せしめにされたのかも。

まんぺい印の「ダネイホン」は、有名になっていた。そんな会社の社長を捕まえることで脱税を許さないと示せる。

残念ながら、アメリカの憲兵裁判所の判決に対して、不服申し立は一切出来ません。

萬平は、刑務所に4年間いなければいけないのか?太一は、希望は捨てない方がいいと言った。

諦めません、僕は諦めない。

罰金の7万円をどうする?会社には現金がない、銀行からの貸し付けも期待できない。会社を売却するしかない。

それは、「ダネイホン」をもう全国に販売することは出来ないと?

東京の会社と一緒に「ダネイホン」を販売する権利も売る。そうすれば、7万円で買ってくれるところはあるはず。

つまり、大阪の「たちばな栄養食品」は守ることが出来る。

萬平は、太一を信じることに決めた。東京にいる社員たちは、大阪に帰すように言った。

朝ドラ「まんぷく」68回感想

見逃し動画配信サービス「まんぷく」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「まんぷく」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

動画配信サービス「U-NEXT」は、毎月1,200ポイント付与されます。(お試し期間中は、600円分のポイントがつきます)

U-NEXT

※紹介している情報は2018年12月20日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です