太田雄貴がよく行くお店!島原にあるイタリアン「pesceco(ペシコ)」

人生最高のレストラン
スポンサーリンク

長崎の島原にある「pesceco(ペシコ)」は、イタリアンのお店です。

9月7日(土)「人生最高のレストラン」では、太田雄貴さんが登場しました。長崎にあるイタリアン西の横綱を紹介しました。

pesceco(ペシコ)

島原にある pesceco(ペシコは、島原城から車で3分のところにあります。

海沿いにある店は、まるで絵画の中にいるような気持ちにさせてくれます。オーナーシェフの井上稔浩さんは、島原で育ちました。

島原の自然・食材の魅力を全国に広めたいと強く思っています。

田舎だから資源がいっぱいあるわけじゃなくて、どんどん海のものだったり海産物が減って行く中で、自分たちが大切に丁寧に扱うことによって、それをおいしくして価値を高めることによって、今まで田舎になかった循環が生まれる。そういうキッカケが地方のレストランの役割だと思ってます。

井上稔浩(pescecoオーナーシェフ)

食べログページはこちらから⇨「pesceco (ペシコ)

赤ウニのタリオリーニ

「赤ウニのタリオリーニ」は、九州以外には出回ることがない幻のウニを使っています。濃厚で香りが高いのが特徴です。

パスタは、ハモと島原昆布で煮詰めたダシ茹でます。パスタの上には、たっぷりの赤ウニがのります。

タイラガネのおじや

「タイラガネのおじや」は、小ぶりながら甘く味わい深いワタリガニを使います。

カニのダシ・玉ねぎ・トマトペースト・サフランなどを2時間煮詰めます。このダシを米と一緒に炊き上げます。

ほぐしたカニの身を入れたら、土鍋ごと持って来てくれます。香りを楽しんだら、カニの甲羅をかぶった料理が出てきます。

カニの甲羅を取ると、おじやとカニの身がたっぷり登場します。演出の素晴らしさも楽しみのひとつです。

太田雄貴の私生活

太田雄貴さんは、日本フェンシング協会の会長をしています。オリンピック出場したときは、銀メダリストに輝きました。

2017年には、TBSアナウンサー・笹川友里さんと結婚しました。2019年6月には、子どもが生まれています。

食べ歩きが好きで、食に師匠は寺門ジモンさんです。年間300軒近くを食べ歩くときは、その年のテーマを決めてから行きます。

2018年と2019年のテーマは、鮎に決めて食べ歩いています。全国の河川を巡り、鮎の味・香りの違いを楽しんでいます。

インスタグラムを最大限に生かして、料理のセンスで行く店を決めています。

(記事内の画像出典:食べログ

コメント