【絶対零度】最終回ネタバレ!井沢は大切な人を失った過去よりも未来を見つめた

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」最終回は、9月10日(月)に放送されました。

山内徹(横山裕)は、誘拐ビジネスに関わった犯人たちに捕まってしまう。助けにきたのは、桜木泉(上戸彩)だった。

最終回は、「最強SPの悲しき殺人」。未然犯罪捜査は、テストケースが順調に進んでいた。法制化の段階にまで行った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「絶対零度」最終回視聴率

ドラマ「絶対零度」最終回が放送されました。気になる視聴率は、10.8%でした!

日本国民のあらゆる個人情報を分析して、過去の犯罪と照らし合わせることでAIが重大犯罪を未然に防ぐ。

「絶対零度」最終回あらすじ

桜木泉は生きていた

井沢範人(沢村一樹)は、ミハンに組み込まれた人間。桜木は、意味ありげな言葉を残して消えた。

彼女は、なぜかこっちを警戒していた。それに、ミハンのことを知っていた。

ミハンシステムは、桜木泉を危険人物とした。偽装パスポートを使って入国、拳銃も持っていた。

井沢と山内は、ベトナム・ホーチミン市に向かった。グエン・チー・リンは、桜木の事件を担当していた。

桜木泉は、これから誰かを殺す。それを止めるために、あなたに会いに来たんです。

1年前、旭証券の社員・谷口正博は、支社長と娘を殺そうとしていた。それを食い止めようとして、赤川武志が射殺してしまう。

赤井は、井沢の妻の元同僚だった。その後、赤川はホテルの屋上から転落死してしまう。

もう、刑事ではいられないって。罪を犯してでもやらなければいけないことがあるって。

桜木が何者かに襲われた時、身元不明の焼死体があがった。桜木の遺体として処理される。

青いバラに未来を夢見た

相馬和久は、旭証券のベトナム支社長として赴任していた。谷口は、その娘・由紀子と付き合っていた。

結婚を前に谷口のヒミツがバレてしまう。それは、谷口には窃盗の前科と経歴詐称をしていた。結婚を反対した相馬に対して脅迫めいたメルを送っていた。

警察だ、止まれ。止まれ谷口。

赤川は、谷口を射殺してしまう。井沢の妻に連絡した後、屋上から転落していた。その次の日、井沢の妻と子どもは殺された。

おかしなことはまだあるんだ。相馬さんは事件が解決した1週間後、現地で交通事故で亡くなっている。

由紀子は、青いバラを作っていた。全てのウソを分かった上でやり直す。そう決めて会う日に射殺された。

結局、騙されたんです。

小田切唯は、谷口の弟に会った。小さい頃に両親を亡くしていた。盗んで生活する日々を送っていた。

少年院出た後、何やっても続かなくて。その挙句、経歴ごまかして大手の会社に潜り込みやがった。高給取りになれば俺のこと、まともに養えると思ったんだろ。

青いバラだよ、可能性はゼロではない。

谷口は、弟にそう残していた。もう一度、やり直すつもりでいた。

テストケースゼロ号の冤罪事件

旭証券と誘拐ビジネスは、繋がっていた。株式を使った資金洗浄、マネーロンダリングは昔から行われていた。

蒲田にあるプレスインホテルに向かって下さい。急いで下さい。

ホテルには、宇佐美を殺そうとする桜木の姿があった。宇佐美は、赤川を事故に見せかけて殺していた。

あなたが関わっていた任務、それはミハンの捜査でしょ。

「ミハンシステム」に最初に選ばれたのは、桜木と赤川だった。ベトナムでの事件の後、赤川は谷口が映った防犯カメラを見つけた。

この男が犯罪組織の人間、谷口を犯人に仕立てあげて相馬さんを殺そうとした。

「ミハンシステム」には、ゼロ号のテストケースがあった。その危険人物とされたのは、谷口正博だった。

冤罪を闇に葬れば、また新たな罪が生まれる。それなのに、あなたは冤罪を隠蔽した。

井沢の妻は、警察官の罪を暴く元監察官だった。赤川の冤罪を知ってしまう。その口封じのために殺された。

あなたには、私を殺す権利がある。あなたをミハンに誘ったときから覚悟していましたから。

東堂は、桜木を守ろうとしていた。

過去よりも今、今よりも未来を信じる気持ち

警察庁次長・町田博隆は、「ミハンシステム」が実用化されれば警察庁長官になることが決まっていた。

私が引き金を引いたんです。私は私の決着をつけます。

「ミハンシステム」は、松永義正を危険人物とした。松永は、藤堂の後をつけていた。藤堂は刺されてしまう。

井沢さんは?

井沢は、警察庁に向かった。町田をつかまえる。町田は罪を認めた。井沢は、大切な人を失った過去を思い出してしまう。

殺せばいい。

桜木は、そう言った。鈍く低い音の銃声が何回も聞こえる。

声が聞こえた。殺せなかった。みんなの、みんなの声が聞こえた。殺せなかった。

町田は、冤罪事件を隠蔽したとして逮捕される。谷口は、無実だったと報道される。その事で救われる人がいた。

「ミハンシステム」の法制化は、延期になってしまう。テストケースは、続けることになっていた。

ミハンは、扱う人間によって光にも闇にもなる。あなたには、見届ける義務がある。生きろ生きてくれ。

「ミハンシステム」が新たな危険人物をはじき出した。

10月8日(月)からは、「SUITS(スーツ)」がスタートします!エリート弁護士・織田裕二、フリーター・中島裕翔が難解な訴訟を解決して行きます!

ドラマ「絶対零度」最終回感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です