朝ドラ【わろてんか】第30回あらすじと視聴率! てんの笑顔ブルドーザーが話題になった

 

f:id:dreams3359:20171104202917p:plain

てんは、藤吉の笑顔が見たい。そんなに芸が好きなら笑いを商売にしたらいい、藤吉はビックリしている。

第30回は、米屋が寄席を始める。

ドラマ「わろてんか」第30回視聴率

 第5週「笑いを商売に」第30回が11月4日土曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第30回 あらすじ(11/4放送)

笑いを商売にする

 世の中には、笑いを必要としている人がたくさんいる。てんは、笑いを商売にすると言い出す。

 

ウチは、笑いに救われました。誰もが気楽にみられる寄席を作ったら、どうですやろ。裸一貫の今やから、やれるんのとちゃいますか。

 

てんは、ニッコリ笑って藤吉を見つめる。

 

寄席をやる?何あほなこと言うてんのや。商いを甘もう見るんでない。

 

 

無鉄砲なのは、分かってる。みんなを笑わせたい気持ちは誰にも負けん。

 

藤吉は、寄席を始まることを決めた。でも、藤吉の母親・啄子は反対している。

啄子は、家と土地を手放した。夫が残した借金と藤吉の作った借金を支払う。引っ越しと当面の生活費だけは残った。

貧乏暮らしは賑やかなほうが楽しい

 

 ウチは、おトキが大好きや。

 

 

トキは、京都に帰ることになった。

北村屋では、てん・藤吉・啄子・頼子の4人で最後の食事をしていた。

 

家族って、ええもんやな。

 

これから、どうするのか?啄子は、里に帰ると言い出す。

 

御寮さん、ウチらと一緒に行きませんか?貧乏暮しは賑やかな方が楽しそうです。

 

万丈目がやってくる。藤吉たちが住む家を探してくれていた。

北村屋で過ごす最後の日

 啄子は、家を出る日にも柱や床を磨いている。柱には、藤吉が書いた鬼の絵があった。

 

信じて任せてくれた、この店手放すことになってしまいました。ほんまに申し訳けごありません。

 

啄子は、先代に頭を下げた。

 

短い間でしたが、ぎょうさんことを学ばせて頂きました。ありがとうございました。

 

ようこそ芸人長屋へ

 てんは、北村屋の御寮さん修行がしたいと言い出す。北村屋の名を必ず蘇らせると誓った。

 

ほな、あんたらが北村屋の名を大阪中にとどろかすのを、この目でちゃんと見届けるまで居座らせてもらうわ。

 

てんと藤吉、啄子は新しい家に向かう。するとそこには、芸人たちが酒盛りをしていた。

 

ようこそ芸人長屋へ

 

新しい家は、売れない芸人たちが住む長屋だった。

朝ドラ「わろてんか」第30回感想

 

 

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です