ドラマ【コウノドリ】第7話あらすじと視聴率11.7%!小松(吉田羊)の選んだ道といつでも守ってくれる仲間の温かさ

f:id:dreams3359:20171029165949p:plain

小松(吉田羊)は、体調を崩して倒れてしまう。1年前の検査では、子宮筋腫の大きさが6㎝~7㎝だった。

第7話は、「母になる人生 母にならない人生 何が違うの?」気になる視聴率は、11.7%でした!

金曜ドラマコウノドリ」あらすじと感想を紹介します!

子宮全摘しかない!

 ペルソナだ小松の検査が行われれる。サクラ(綾野剛)と四宮(星野源)は、MRIで子宮腺筋症を見つけた。子宮は全摘することが最善の策だった。

 

手術も選択肢のひとつとして考えた方がいいと思います。

 

血管内治療やホルモン治療もあるが、ガンになるリスクがある。

 

下屋は、救命のスピードの早さについていけなかった。屋上に行くと小松がひとりでいた。

 

私、ルート取れなかったんですよ。

 

子どもや老人の血管は細くて慣れないと難しかった。サクラは、小松を心配している。

 

辛かったら休み休みでいいですよ。

 

白川は学会に出席していた。ペルソナをもっと大きくしたい、自分のしてきたことに自信を持っていた。

1日の終わりに自分を褒めてあげる

 小松は、同期会に出席していた。みんなが家族を持っていた。自分だけが独身だった。

 

お母さんになる人生とならない人生、どこが違うんだろう。

 

倉崎(松本若菜)は、自分の患者の急変に呼ばれなかった。サクラが気をきかせての事だった。

 

私、主治医ですよ。子どもを預ける事だってできます。

 

小松は、肩に力が入り過ぎている倉崎が心配だった。職場のみんなに頼ることも大切です。下屋が来る。

 

私には、肩の力を抜いている時間がありません。

 

1日の終わりに今日はよくやったと自分を褒めてあげること教える。

仕事も育児も完璧には出来ない!

 四宮は、小松の体が心配だった。患者のことを思う小松の姿が痛々しい。

 

小松さんの気持ちを想像したら、仲間だからこそどうしたらいいのか?

 

倉崎の患者が急変する。小松は、自分がユリカのお迎えに行くと言い出す。そんな協力の仕方があったっていい。

小松は、もしかしたら自分の子どもを持つことが出来ないかも知れない。ユリカを見て思った。

 

倉崎、ひとりで仕事も育児も全て完璧にやろうと思うなよ。

 

四宮は、頑張り過ぎるところを心配していた。

手を伸ばせば握ってくれる仲間たち

 サクラは、小松を誘った。ピアノを演奏したことのあるバーに連れてった。ベイビーとしてのサクラのことを知っていた。

 

小松さんがピンチのときは、いつでも弾きますよ。僕はずっと小松さんに助けられましたから、その恩は一生忘れません。

 

小松は手術を決めていた。女として悔しいけど、それも自分の人生だと考えることにした。

 

みんな小松さんの味方ですから。

 

苦しい時、手を伸ばせば握ってくれる仲間がいることに幸せを感じていた。

 

コウノトリ先生、ありがとうね。やっぱりあんたは、いい男だね。

 

小松は入院した。

仲間っていいよね

 小松の手術は無事に終わった。病室にあるテーブルには、カップ焼きそばとジャムパンが置かれていた。

小松が退院すると向井がお見舞いにくる。小松は親兄妹がいなかった。身寄りがないと生命保険に入ることさえ難しかった。

 

子宮は最後の頼りだったんだ。

 

自分のことを本気で心配してくれる仲間がいる。それを分かったからこそ手術を決めることが出来た。

 

仲間っていいよね。

 

小松はペルソナに復帰した。下屋が心配してくる。

 

おかえりなさい。

 

小松は、日本一の助産婦を目指すと決めた。

 

向上心は、時に人を盲目にする

 新生児室でアラームが鳴った。白川が新生児の無呼吸を背中をさすって治した。

 

今のは看護師の仕事だよね。

 

今橋は、白川を呼び出す。

 

白川先生みたいな優秀で向上心がある先生ほど、周り声が聞こえなくなるから気を付けて欲しいんだ。

 

今橋は、自分の経験上起こりうる話をした。でも自分は違うと取り合わない。そんな人間ほど何かが起こった時に対応できなくなる。

サクラは、ベイビーとしてピアノを弾いていた。四宮が相談があると言ってきた。

金曜ドラマコウノドリ」第7話感想

女性にとって子宮全摘出は苦しい選択だったと思う。小松役を演じた吉田羊さんの演技が光った回でした。

女として失うものは、何かと比較することは出来ない。でも、生きることは出来る。命さえあれば、本当に究極の話だった。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です