ドラマ10【マチ工場のオンナ】第4話あらすじと視聴率4.7%!物づくりの面白さと喜びを伝えたい泰造の願い

 

f:id:dreams3359:20171230120342p:plain

光は、名古屋の物作りを代表する会社を目指すと誓う。従業員と交換日記をすることで、みんなの声を聞くことにする。

第4話は、「折れない心」が放送されました。

第4話の視聴率・あらすじ・感想を紹介します!

ドラマ10「マチ工場のオンナ」第4話視聴率

 内山理名が主演のドラマが12月15日(金)に第4話が放送されました。気になる視聴率は、4.7%でした!

実際にある会社「ダイア精機」と諏訪貴子さんがモデルの物語です。主婦ならではの目線で会社を再建して行きます。

ドラマ10「マチ工場のオンナ」第4話あらすじ

勝俣の退職願は受け取れない!

 愛知東西銀行の長谷川は、経営者に裏付けされたモノが光にはないと言い出す。

 

主婦も家計を預かり、家という企業を切り盛りしています。

 

半年後には、何かしらの結果を出さなければいけなかった。

勝俣が退職願を置いて出て行ってしまう。光は家まで行く。

 

これは受け取れない。何がそんなに気に入らないの?

 

勝俣と光の言い合いの末、退職願いは破られてしまう。

 

まるで、たいちゃんとかっちゃんのケンカみたいだな。

 

花田は懐かしい気持ちになっていた。

「ダリア精機」の強みを知る

 打越は、「ダリア精機」の強みを活かした経営をするデータを作っていた。光は、その強みを見つけるために取引先に出向く。

 

ひと言でいえば、対応力かな。どんな急な依頼にも答えてくれる。

 

須藤は、ノーと言わない男だった。でも、それは勝俣の力が大きかった。

祖母の百合子が倒れて、病院に運ばれた。

 

アメリカに行くまでは、俺が航太の面倒を見るよ。

 

大と航太の生活が始まった。光は、百合子の面倒を見ることになった。

俺が泰造を追い詰めたんだ

 川口の交換日記には、生産工程管理システムのちらしが貼りつけてあった。それは、カスタマイズを含めると200万はかかる。

実家に行くと勝俣が来ていた。百合子のお見舞いだった。

 

かっちゃんどうして?ダリア精機は、お父さんとかっちゃんとじゅんちゃんの会社じゃない。

 

勝俣は後悔していた。泰造が金策に歩いているのを知らなかった。一番の高給取りだから、何もなかったように働くことは出来ない。それが退職の理由だった。

 

若い奴らとダイア精機を支えてくれ、頼む。

 

「ものづくり教室」

 大は、会社を休んで航太の面倒を見ていた。洗濯に食事の支度、主婦の仕事の大変さを感じていた。

一ノ瀬から鉄を運ぶのが重いという意見が出た。光は、持ち運ぶための台車の使い方を考えた。それからも作業効率が上がるように努力した。

「ものづくり教室」が開催された。光と一之瀬で向かうと、そこには勝俣がいた。

 

お前ら遅えんだよ。今日だけだぞ。

 

一ノ瀬は、この教室で泰造から教えてもらった。そのことがきっかけで「ダリア精機」に就職していた。

 

おいお前ちゃんと仕事してんのか?

 

勝俣は、一の瀬と光の交換日記を見ていた。

 

自分の手で作る面白さは何物にも代えられない。もっともっといいモノを作りたいと思う。物作りの終わりはない。

 

若い世代に物作りの面白さや喜びを感じて欲しい。それを泰造は伝えたかった。

3人で暮らした思い出の場所

 光が自宅に戻るとパーティーの支度がされていた。

 

俺、明日出発だから。どうせならパーッとやろうかって航太と。

 

大は、アメリカに一緒に行けないのを光のせいにしていた。

 

俺たち離れていても、家族だよな。

 

光と大は、ワインで乾杯した。

勝俣は、泰造の夢を見ていた。大はアメリカのデトロイトに向かった。3人で暮らしたマンションは引き払うことになった。

4000万円貸していただけませんか?

 一ノ瀬が工場に行くと勝俣がいた。

 

これが出来たら材料費は1/3になる。マシニングセンターって言う機械がいる。売り上げがあがったら買ってくれ。

 

勝俣が戻ってきてくれた。光は何よりも嬉しかった。

人件費を見直すことで赤字が補てんされた。売上も少しづつ上がって来た。新社長になって半年のことだった。

 

4000万円貸して頂けませんか?

 

それは、社長就任後3年目のことだった。

ドラマ10「マチ工場のオンナ」第4話感想

 

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です