ドラマ10【マチ工場のオンナ】第3話あらすじと視聴率3.9%!主婦の思いつきで会社が変わる光の挑戦は続く

f:id:dreams3359:20171230095846p:plain

有元光(内山理名)は、ダリア精機の社長になった。経営を再建するために5人のリストラを決行する。だが、従業員の反発にあった。

第3話は、「昨日の友は今日の敵」が放送されました。

第3話の視聴率・あらすじ・感想を紹介します!

ドラマ10「マチ工場のオンナ」第3話視聴率

 内山理名が主演のドラマが12月8日(金)に第3話が放送されました。気になる視聴率は、3.9%でした!

このドラマは、「ダイア精機」がモデルとなっている作品です。主人公の有元光は、主婦から社長になった諏訪貴子さんがモデルです!

ドラマ10「マチ工場のオンナ」第3話あらすじ

お前にはついていけねぇ

 

光は、父親の運転手だった三枝(刈谷俊介)をリストラした。30年以上も尽くした三枝の存在は、従業員にとって大きかった。

 

何も辞めさせなくても、他に方法があるだろう?

 

いつか自分もクビになるのでは、従業員たちは不安だった。

 

お前にはついていけねぇ。

 

光は、三枝が運転していた車を処分した。

有元大(永井大)は、アメリカ行きが決定していた。大の希望は、家族で一緒にアメリカに行くことだった。

 

ママ、社長さん辞めちゃえば。

 

航太は、父親と一緒にキングサーモンを釣るのを楽しみにしていた。

銀行員の意地悪が続く

 

光は、銀行に経営計画を提出する。5人のリストラをして、年間2400万円の人件費削減の報告をする。

 

リストラこいつが?社長がお飾りでも会社は動くか。

 

銀行の担当者・長谷川(村上淳)は、32歳の女社長である光をバカにしていた。

 

経営計画書は、5年提出お願いします。それから、金利を上げさせてもらいます。

 

経営者が変わったことで、先の見通しがつかない銀行側の判断だった。金利は、2.8%から3.0%に上がった。

打越(忍成修吾)は、前社長のときも同じことがあったと話す。須藤は、銀行に3時間居座って金利を上げさせなかった。

 

そのスーツ似合ってませんよ。

 

光は、黒のリクルートスーツだった。

スーパーの半額シールからの思いつき

 

「ダリア精機」の朝礼は、仕事の進捗状況を確認して仕事の割り振りをするだけだった。光は、どんな会社にしたいか聞くことにする。

 

仕事は今まで通り、余計な口出しをするな。ウロチョロするな。

 

勝俣(竹中直人)は、3つの提案をした。光には何もしないで欲しかった。

一之瀬翔(吉村界人)は、高校を出たばかりの新人だった。工場の整理整頓ができていないためケガをしていた。

 

いらないモノにシールを貼ってください。

 

光は、みんなが仕事をしやすい工場にすることに決めた。それは、スーパーの半額シールを見ての思い付きだった。

整理するとトラック1台分のゴミが出てきた。

職人の会とヒヨコの会

 

光は、毎週月曜日に世代別の会議をすることにした。ベテラン中心の職人の会と若手中心のヒヨコの会と2つに分けた。

 

仕事の進捗状況をパソコンで管理出来たら、みんなで共有できますよね。

 

若手は、たくさん意見を出してきた。勝俣だけが昔ながらのやり方にこだわっていた。

航太は、アメリカに行く大の荷物を出してしまう。荷物が片付かなければ父親がアメリカに行かない。そう思っていた。

 

だって、段ボール入れるの終わらなかったらパパずっと家にいるでしょう。

 

若手のミスとベテランの反発

 

川口(渡辺祐太朗)が仕様書の確認をしなかった。そのため、無駄な製品を作ってしまった。納品は2日後、今夜は徹夜になった。

 

俺らでやるんで勝俣さん帰っていいですよ。

 

一ノ瀬は、光に気に入られていると思い込んでいた。おばちゃん転がすの得意なんだ、そう話しているのを光は聞いてしまった。

光は納期を伸ばしてもらおうとするが出来なかった。勝俣と花田(柳沢慎吾)に助けてもらうことにする。

 

そんなに何もかも変えたいななら勝手にしろって言ってんだよ。

 

勝俣は、ゲージの撤退を考えている打越の話を聞いていた。ゲージを撤退したら勝俣がいる意味はなかった。

たわけが、いい加減にしろこのクソじじい。あんたが社長になれって言ったんだろう。

光の想い

 

私はね、ダリア精機をちゃんと守りたいの。私にとっての「ダリア精機」は、小さい頃に見たかっちゃんとじゅんちゃんなんだよ。

 

光は、ゲージ事業からの撤退を考えていなかった。光は銀行とのアポがあった。

 

やり直し?金利は3.0%?どうしてそんなに意地悪言うんですか?

 

光は泣き落としにかかった。銀行中に響くような声で泣きだす。

 

交渉いうもんはな、駄々こねたやつが勝つんや。

 

打越は、須藤の言っていた言葉を思い出していた。

会社に戻ると花田が戻っていた。

 

差し入れ期待してっから甘いモノ、社長。

 

光は、嬉しかった。花田の力もあって納期に間に合わせることが出来た。その頃、勝俣は退職願を書いていた。

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です