映画【ラストレシピ】10/28打ち上げツアー!銀座にある創作中華料理のお店「Furuta」

11月3日(金)公開「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」、主演・二宮和也が演じるのは、孤高の天才料理人です。

「ラストレシピ」の公開直前に出演者による打ち上げツアーが行われました。秋元康おすすめのお店を紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Furuta

「Furuta」は、銀座にある創作中華料理のお店です。入口を入るとカウンターが8席並んでいます。

岐阜の名店「開花亭」のオーナー古田等さんが、銀座に進出しました。中華の概念を打ち破る斬新なメニューが魅力です。

看板メニューは、映画に登場する料理の原型となりました。

お店の予約はこちらから⇒Furuta ディナーコース 

秋元康の手紙

Furuta中華料理をベースに、さらに古田さんが進化させています。鮎の春巻きは、芸術です。鮎を一度バラバラに解体して、また、組み立てているんですから。

味は、舌で感じるだけでなく、視覚でも感じるものなのです。世界一、美しく、美味しい春巻きではないでしょうか。

料理は出会いです。ビーフンとキャビアの出会い。なんと、贅沢な出会いでしょう。これは発明ですね。

鮎の春巻き

「鮎の春巻き」は、鮎は3枚におろします。頭・骨・ひれは油で揚げます。鮎を元の形に戻す。春巻きの皮で旨味を閉じ込める。ごま油でじっくり揚げる。

古田さんが生まれた岐阜県和良川の鮎が最高に美味しい。鮎の日本一を決める大会でグランプリを受賞しています。

鮎の塩焼きは囲炉裏で頭を下にして焼く、鮎の体の脂が頭に溜まって頭が揚がる。和食の塩焼きは、中華の鮎の春巻きと同じである。

冷製ビーフン ベルーガキャビア太白胡麻油あえ

「冷製ビーフン ベルーガキャビア太胡麻油あえ」は、アルデンテにゆでたビーフンに超高級キャビアを乗せています。

名だたる食通たちを唸らせた、古田の最高傑作メニューです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です