朝ドラ【わろてんか】第26回あらすじと視聴率20.9%! 船場に店を持つことが一生の夢だった啄子の覚悟

 

f:id:dreams3359:20171101205744p:plain

藤吉は、キースの儲け話にのってしまうのか?北村屋の注文は減ってしまい危機感は募るばかりだった。

第26回、北村屋は天乃屋にお得さんを取られてしまう。番頭のせいなのか?

ドラマ「わろてんか」第26回視聴率

 第5週「笑いを商売に」第26回が10月31日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、20.9%でした。

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第26回 あらすじ(10/31放送)

逃げた番頭がやって来た

 

 

 

 

北村屋は、暮れも近いというのに売上が伸びなかった。藤吉は、いったい何をしているのか?

そんな時、天乃屋の御寮さんと又八がやってくる。番頭と娘の婚儀が整ったこと挨拶に聞いたのだった。

 

又八さんも、よう気いつけて今度しっかり勤めあげなはれ。

 

 又八は、北村屋の元の番頭だった。天乃屋は、一等米に安い米を混ぜて売っている。その値段は北村屋の半値だった。

 

北村屋の暖簾にかけて、そんなことは出来まへん。お客さんの信頼を裏切るような真似をしたら、あかん。

 

藤吉がやっと帰ってきた。手代が暇をもらいたいと言ってきた。

ウチは帰りません

 

藤吉の姉・頼子は、開発が進んでいるときに家を売るべきだと言う。

 

売ったら財産、分けてな。

 

 

 

あんた、そんな話しにきたんか?もう帰り。

 

啄子は、家を売る気持ちはなかった。頼子は怒って帰ってしまう。

 

あんたも京都に帰ってええんやで。

 

 

 

ウチは帰りません。

 

船場に店を持つことが一生の夢やった

 

啄子は、獅子奮迅の働きで商人魂を見せる。お店に立ち、行商にも行く。今ある米を売りさばいて月締めの支払いに間に合わせる。

米を持ち上げるときに腰を痛めてしまう。

 

こんなこと昔は慣れたもんやったの、情けないな~。

 

啄子にとって船場は憧れの街だった。商いの成功を夢見て、失敗しても誰も諦めない。そういう街だった。

 

この船場に店を持つことが一生の夢やった。

 

啄子は泣いている。北村屋の先代は、貧しい行商人の自分を迎えてくれた。その恩に報いるためにも暖簾は守る。

てんは、啄子の覚悟を見た。

怪しい儲け話

 

藤吉は、新しいお客さんを探して堺まで行くが見つからない。万丈目吉蔵とキースのところへ行く。

安心せい。例の儲け話、話付けてきたで。

今でいうパーマを作る機械を手に入れようとしていた。電気で髪の毛をクルクルにする。

 

これは、日本中で流行るで。

 

 

 

おもろいモノは、みんな飛びつく。

 

 

藤吉には、お金がなかった。

 

 

お前んとこと家と土地担保に借金するんや。

 

 

 

家と土地、あほか、できるかそんなこと。

 

藤吉は、すっかりその気になっていた。家に戻って、地券を持ち出す。

 

藤吉さん、どないしはりました。

 

 

 

おてんちゃんは、何も心配せんでええから。

 

藤吉の男の意地があらぬ方向に行ってしまった。

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です