【3年A組】2話あらすじと視聴率!お前に足りないのは想像力だ柊が伝えたいモノ

2019年冬ドラマ
スポンサーリンク

「魁皇高校」では、3年A組の生徒が人質になる立てこもり事件が起こっていた。犯人の柊一颯(菅田将暉)は、生徒の自殺の原因を追究しようとしていた。

第2話、「真相発覚!?心震わす魂の授業」が放送されました。

 「3年A組-今から皆さんは、人質です」2話視聴率

「3年A組-今から皆さんは、人質です」の第2話が放送されました。気になる視聴率は、10.2%でした!

新事実発覚!死に追い込んだ同級生の罪、生徒は何を隠し目を背けようとしているのか?一人ずつ真実が暴かれようとしていた。

「3年A組-今から皆さんは、人質です」2話あらすじ

やり逃げXはダレだ!

柊一颯は、SNSの登録ユーザーから一人100円の寄付を募った。全部そろえば50億にもなる。

目的は金じゃない。

瀬ヶ山署の郡司真人(椎名桔平)は、柊の態度から怨恨の臭いを嗅ぎつけた。ネット上は、お祭り状態が続いていた。

今日は、もう一歩踏み込んだ質問をしよう。昨日、茅野が言っていたドーピングの話だ。

SNS「マインドボイス」では、景山澪奈(上白石萌歌)がドーピングをしたという投稿があった。柊は、投稿者・やり逃げXを見つけ出す。

この投稿には、動画が添付されてあった。このカプセルの瓶がいわゆるドーピングの薬だ。だが、これは一部を加工したフェイク映像だった。

澪奈は、ドーピングをしていなかった。その動画が原因で自殺してしまった。

この動画を投稿した人間に名乗り出てもらう。はい、やり逃げXさん手をあげて。

夜8時までに名乗り出れば、誰も死ななくて済む。

澪奈の人気を利用した

「咲宮高等学校」は、2年前まで柊が教師をしていた。恋人に暴力を振るっていたことが分かった。

中尾は、たぶん死んでいない。

美術室の中には、パンの食べかけが見えた。死臭もしなかった。里美海斗(鈴木仁)と真壁翔(神尾楓珠)は、そう感じた。

そんなことより、早く投稿者探した方がよくない?

あの女の上履きをトイレの水に浸してやった。茅野さくら(永野芽郁)は、水に濡れた上履きを持っている澪奈の姿を思い出した。

ねぇ写真撮ろう。これアップするね、またフォロワー増える。

宇佐美香帆(川栄李奈)は、澪奈の人気を利用していた。香帆からもらったハンカチを返した。

クラスの人気者が、あんな投稿してたとはね。

甲斐と須永、石倉は鉄パイプを持って柊を襲う。里美たちは、美術室に向かうが電流が通っていた。

言ったはずだぞ、俺はこの日のために過ごしてきたんだ。次、何か起こしたらペナルティだぞ。

警察は、相楽文香(土村芳)の家に向かった。文香は、柊の暴力のせいで心の病かかっていた。

お前に足りないのは想像力だ!

夜8時、生徒たちは犯人を特定できない。誰かに裁きを受けてもらうことになる。

何で警察が文香の携帯を。文香と話したのか?何を話した。

甲斐たちは、柊を取り押さえる。そしてリモコンを奪い取った。柊は、本物のリモコンで爆発させる。

名乗り出ればいいんでしょ。そいつがやったって自白すれば私たちは助かるんでしょ。

さくらは、自分が投稿したと言ってしまう。柊は、SNSの投稿パスワードを聞き出そうとする。

バッカみたい。何でそんなウソつくの?みんなを助けるため?自分が犠牲になるって?笑わせんなよ。私だよ。

香帆は、自分だけが澪奈の友だちだと思っていた。さくらと仲良くするようになって、どうしても許せなかった。

なら死んでよ、あんたが死んだらやめてあげる。死んでよ。

さくらは、なぜ自分に言わなかったのかムキになった。自分がされたら、どんな気持ちになるのか?

だからだよ、お前たちの教師になるために。ここにこうして立ってるんだ。

香帆に足りないのは想像力。自分の家の窓を割られたら、自分の服を切り裂かれたら、どんな思いをするのか?

景山は、お前を恨んでいなかった。むしろ自分のせいだって言ってた。ちゃんと伝えて入れば良かったって。

その痛みを忘れてはいけない。柊は、生徒のためにおにぎりを警察に注文する。

ドラマ「3年A組」2話感想

見逃し動画配信サービス「3年A組」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「3年A組-今から皆さんは、人質です-」は、動画配信サービスHuluで見逃し配信しています!
・視聴するためには、スマホやタブレットでいつでもどこでも楽しむことができます。
・「Huluアプリ」をダウンロードする必要があります!
・今なら2週間、全動画を好きなだけ楽しむことができるお試しキャンペーン中です!

動画配信サービス「Hulu」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

Hulu

※紹介している情報は2019年2月2日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

(記事内の画像出典:公式サイト

2019年冬ドラマ
スポンサーリンク
きららをフォローする
うさぎの日記

コメント