【ファイナルカット】第3話あらすじと視聴率6.5%!亀梨和也と栗山千明のランドリーキス隠した本当の気持ち

中村慶介(亀梨和也)は、警察官になっていた。高田副署長(佐々木蔵之介)は、事件の関係者と気づいていた。12年前、高田は事件現場で捜査していた。

第3話は、「特ダネは大誤報!?」が放送された。ターゲットは、報道志望だが叶わなかった小池(林遣都)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「FINAL CUT(ファイナルカット)」第3話視聴率

FINAL CUT(ファイナルカット」の第3話の視聴率は、6.5%でした!第2話と横ばいの結果となった。

特ダネを撮るためなら何をしてもいいのか?メディアの在り方を問う番組が吉とでるか凶とでるか?フジテレビの挑戦は続きます。

「FINAL CUT(ファイナルカット)」あらすじ

12年前、慶介の母親・恭子は保育園「ルミナスキッズ」の経営していた。ある日、保育園に通う園児・熊谷志穂ちゃんが遺体で発見された。

目撃証言と遺体の近くにあった恭子のハンカチが犯人に仕立て上げた。恭子は、メディアの標的になってしまう。その心労もあって手首を切って自殺してしまう。

ひとり息子の中村慶介は、母親を犯人にしたメディアに近づいて行く。真犯人は、恭子が見た男の子だ。それは、保育園の上にあった「小河原法律事務所」に関係していた。

慶介は、言葉巧みにふたりの女に近づく。それは、小河原姉妹だった。妹・若葉の前では「高橋まもる」、姉の雪子の前では「吉澤ユウ」と名乗った。

犯人は、この2人の兄・翔太ではないか?その疑いは、やがて確信へと繋がって行く。

「FINAL CUT(ファイナルカット)」第3話あらすじ

ミスター暇ネタ

12年前、高田は刑事課にいた。遺族まわりの聞き込みを担当していた。悲しい思いをしたのは、慶介だけではなかった。

面白いもの見つけたよ。

「MP.info.net」に書き込みがあったことを大地が連絡してきた。それは、「ザ・プレミアムワイド」の小池悠人だった。

ねぇ自分で嫌になんない?ミスター暇ネタなんて言われて。

小池は、最初は報道志望だった。本当は、スクープが欲しかった。でも、ネットの中では神のように扱われていた。

12年前、恭子の通夜の日だった。小池は棺桶に入っている姿を撮影しようとしていた。間一髪で慶介が止める。

2人の女に偽名を使う

「椿ヶ丘中学校」では、裏口入学の斡旋疑惑があった。小池が中学を調べる、ある音声を見つけてしまう。

吉澤ユウは、雪子と美術館に来ていた。雪子は、作家の菅原和美を応援していた。

ずっと応援してて。ウチでは、なかなか企画が通らなくて。

いつの間にか立派になった作家の活躍が嬉しかった。雪子は泣いてしまう。

高橋マモルは、仕事を抜け出して若葉に会う。12年前の保育園があった場所の前をふたりで歩く。

あっ、ここ。昔ここにお父さんの事務所があったの。あの頃、お兄ちゃん毎日ここで勉強してて。

若葉と雪子は、学校帰りによく寄っていた。

お兄ちゃんって、いま海外だっけ?

向こうのロースクールに。

へーっ、頭いいんだね。

優しくて、カッコよくて、自慢のお兄ちゃん。

若葉は、姉の好きな人と4人で会おうと提案する。

ブラック部活

「椿ヶ丘中学校」では、体育館で音楽の授業が行われていた。小池は、カメラマンと一緒に忍び込む。沢渡美登利は、生徒に暴言を吐いていた。

ブラック部活か。

百々瀬は、剣道部に入っていた息子のことを引き合いに出す。子どもは人質、親は何もできない。

小池くん、いいの撮って来たな。

「ザ・プレミアムワイド」では、ブラック部活として沢渡の音声を流した。あっという間にネットを賑わした。

小池は、生徒に話を聞くことが出来た。その内容は、金銭の受け渡しがあったと言うモノだった。

よーし行こう。暴言女教師第二弾。

生徒に仕組まれた罠

沢渡美登利は、学校の裏口から出て行こうとする。そこへ、中村慶介が待ち伏せる。

メディアによる過度な取材の自粛要請。その交渉のお手伝いします。

コンクールに出られる生徒は35人。ソロパートに選ばれた佐久間琴乃は、嫌がらせを受けてしまう。それは次第にエスカレートして行く。

あなたたち何してるの?

沢渡は、生徒に脅される。教育委員会に言う、それが怖いならえこひいきするな。

ちょっと待て、あんたいい加減にしなよ。今度そんな口きいたらぶっ殺すよ。

たしかに言ってしまった。生徒たちを守って下さい。沢渡は覚悟していた。

小池のところに生徒が来る。生徒たちは、沢渡に暴言を吐かせるように仕向けたことが分かった。

ネットに逃げ出す負け犬たち

百々瀬は、小池の顔色が悪いのに気が付いた。

金めの問題も、一発でクビ飛ぶよ?

沢渡は、知り合いの曲を使うことで見返りにお金をもらっていた。それは、生徒たちが勝手に作った話だった。

「ザ・プレミアムワイド」が始まった。

大丈夫だろうな?次のコーナー裏取れてるか?お前に聞いてる?いけるか?

大丈夫です。

百々瀬は、中継を繋いだ。小池の持ってきたネタ、「暴言女教師」は使われなかった。

すいませんでした。

小池は、ネットの世界に逃げだす。自分に恥をかかせた生徒たちの実名を公表しようとしていた。

パソコンは、乗っ取られる。お前が何をしたか知っている。それは、慶介が仕向けたものだった。

小池だけは違うと信じていた

小池は、慶介に呼び出される。

よっ、久しぶり。

慶介は、小池のプライベートを追っていた。その映像を見せた。

怖いね。こうやって情報を拡散すれば、人なんてあっという間に葬れる。あんたがあの先生を葬ったように。

慶介は、小池だけは違うと思っていた。母親の通夜にきたとき、小池は映像を撮ろうとしていた。でも、出来なかった。

何でもいいから撮ってこいって、でもやっぱり僕。すいませんでした。

みんなウチの母を犯罪者扱いする中、あんただけは手を合わせてくれた。なのに…

慶介は、不思議だった。

何で母を事件当初から犯人扱いした?

高田署長と百々瀬の関係

恭子は、怪しい男を目撃していた。でも、その報道はされなかった。

調べた。

小池は、事件近くで怪しい男の取材をしていた。そのリストがパソコンに残っていた。

ここまで調べて、何で番組で何も?

小池は、上には情報を流していた。でも上の方針で却下されていた。

調べろ、それとも神降臨するか?

警視庁新宿中央署の高田は、スポーツジムで百々瀬に会っていた。

このご時世、出る杭は打たれるどころではない。足下に練り込むまで叩き潰されますよ。

高田と百々瀬の間には、何かがあった。

ランドリーキス

小笠原家では、翔太のことで話し合っていた。雪子は、吉澤ユウに会っていた。

急に会いたいなんて、何かあったの?

吉澤ユウは、洗濯機が壊れてコインランドリーに行っていた。

兄が死んだの。正確には死んだことにしようって。兄は、行方が分からなくて。

ある日突然消えたの。父が渡米して、手を尽くしたんだけど何の手がかりもなくて。

小笠原翔太がいなくなってから7年がたっていた。失踪宣告の手続きをしようとしていた。

雪子は、ユウの辛そうな顔を見ていた。ユウはキスをする。

ドラマ「ファイナルカット」第3話感想

見逃してしまった人はこちらから⇒まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です