【義母と娘のブルース】8話ネタバレ!奇跡のパン屋までのカウントダウンが始まった

「ベーカリー麦田」は、客足が遠うのいてしまう。宮本亜希子(綾瀬はるか)は、一大決心をする。

第8話は、「就就職先の最終決戦!!完全復活の味は親の味娘の意見承ります!?」が放送されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「義母と娘のブルース」第8話視聴率

ドラマ「義母と娘のブルース」第8話が放送されました。気になる視聴率は、15.5%でした!

桜沢鈴によるマンガをドラマ化にしています。脚本家・森下佳子が描く世界観が楽しみな作品です。

「義母と娘のブルース」第8話ネタバレ

「ベーカリー麦田」リニューアルオープンする

麦田章(佐藤健)は、パンを作りながら文字を書いてしまう。愛死照流、あいしてると読んだ。

宮本さん、なに話って。何だったら、どっか行く。

亜希子は、「ベーカリー麦田」を閉店すると言い出す。焼きたてのパンを出すことで味を一巡させてしまった。

ここのパンは、さほど美味しくないと刷り込みを行ってしまったということではないでしょうか。

店を変えて、パンのラインナップを変える。キャンペーンも打ってリニュールオープンさせる。

亜希子は、近くのパン屋を回って買い集める。自宅に持ち帰って、パンの試食を始める。

グループインタビューしています。一旦、閉店してリニューアルオープンしようと思っています。

「ベーカリー麦田」のパンは、印象に残らない。パンの袋すらありふれていた。

パン屋に行くのが楽しくなるようなこと

亜希子は、章の父親・誠に会いに行く。秘伝のレシピを貸して欲しい。先代の味の復活をすることに決めた。

オヤジが俺にレシピを譲ってくれるワケないからさ、無理でしょ。

誠は、マンツーマンで指導することになる。「キムタヤ」になるためには、一番早い道のりだった。

じゃあ、まずお前のやり方で角食焼いてもらおうか?

みゆきは、昔を復活させても受けないと言い出す。何だか偉そうで萎える。

何かもっと行くのが楽しくなるような。

何でもネットで買える時代だからこそ、そこに行くと何かある。それは、大切な要素だった。

どうして私たちは、プラザに来てしまうのだろう。

プラザには、何だがワクワクするモノが揃っている。まるで宝探しのようだった。

取り立てて旨くもまずくもねぇってことだ。これ本当に旨いと思って作ってるのか?

章には、パンへの想いが足りない。本当に食べて欲しいと思う探求心が足りない。

苦しいのに楽しいのは変態なのか

「ベーカリー麦田」が復活するのは、先代のコピーすることではない。章が同じスピリットを持つことだ。亜希子は、間違いを謝る。

俺、角食の耳キライなんですよ。耳まで旨い角食食べたいって、ずっと思ってて。俺の作る角食って、そんなんでもいいんすか?

章は、形にこだわることなく自分の作りたいモノを作る。やっと見えてきた。研究は続く。

作っている本人のモチベーションが店を支え。ひいてはそれが客に伝わり、集客に繋がる。そのスパイラルが成功を生むのです。

みゆきは、宝さがしのようなお店がいいと言い出す。

ブレストしましょうか?何でもいいからアイデアを言っていく作業です。

パンの中に宝くじ、当たりが出たらもう一個。受験生は無料、シングルマザーは無料。奇跡のようなパン屋を目指す。

みゆきと亜希子は、街でリサーチする。ジャンケンで勝ったら1杯無料、あっちむいてホイに勝ったら無料。

章は、耳まで食べられる角食を目指していた。大樹と一緒にデータを作る。みゆきも楽しそうだった。

お母さん、耳まで美味しい食パン出来たって。

章は、パンを作ることを初めて楽しいと思えた。苦しいのに楽しいのは、変態だと自分で思った。

奇跡のパン屋までのカウントダウン

亜希子は、新しくできた角食を誠に持って行く。それは柔らかくて、香りも豊かだった。

何だいこれは、パンじゃないよ溶けるよ。

章は、サンドイッチを作り上げた。アンパンは、粒あんとこしあんを混ぜた。30種類のうち、1コが決まらなかった。

たぶん、酒好きなんだよな。あの人。

亜希子は、20種類もできれば十分だと思っていた。リニューアルオープンのちらしも出来た。

私がご提案したいのは、小さな奇跡のパン屋さんです。

みゆきと亜希子は、紙芝居を使ってイメージした。

みゆき、ロールパンの中にロールパンくせにハート型の奴があるのってどうだ。

章は、亜希子のためにミニアンパンを作った。それぞれの味が違うアンパンを作ってみた。

とてもいいと思います。美味しいですし、見た目も可愛らしい。何よりこのパーティー性は、爆発的に受けるポテンシャルを秘めている気がします。売ってみたい。

「ベーカリー麦田」は、誠の寄付でテントを作り直した。

お父様のオレンジの上に店長の色がのって、また店主が変わった時には色が足される。そのようにこの店が続いて行きますように。

ドラマ「義母と娘のブルース」8話感想

誰よりも仕事ができるのに人の気持ちには気がつかない。綾瀬はるかさんの演技が面白い作品です。来週が早く来ないかな~と思わせてくれたドラマは久しぶりです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です