【半分、青い】139回あらすじと視聴率!鈴愛は律のマグマ大使になれるのか


律(佐藤健)は、看板に守られて生きてきた。看板をなくしてはいけない。鈴愛(永野芽郁)は、傷つけることを言ってしまう。

第139回、晴の入院生活が明るくなるように鈴愛はキレイなパジャマを贈った。

朝ドラ「半分、青い」139回視聴率

第23週「風を知りたい!」第139回が9月10日(月)に放送されました。気になる視聴率は、22.6%でした!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」139回 あらすじ(9/10放送)

晴へのプレゼント

鈴愛は、晴のお見舞いのため岐阜に帰ることになる。

少しでも入院生活が楽しなるように買ったんや、新宿のデパートで。

ブルーのチェックのパジャマ、晴は嬉しそうに着て見せた。

周りビルばっかりや。ほや、あんた絵描いてくれん?その絵、病院持って行く。

鈴愛は、お墓参りに行くときの丘を描いてみた。

あんたがクレヨンで絵描いとるの見ると、昔を思い出すわ。あんたが小さいころ。

鈴愛は、律のことを相談する。心配したつもりが怒らせてしまう。

心配したつもりやった。誰かが言わなあかんと思った。

律は、いつでも鈴愛の味方

晴は、鈴愛がマンガになると言い出した時のことを話す。

あん時の律くんは、あんたを応援してくれたんやなかったかね。ほいで、「一瞬に咲け」ってマンガ描けたんやろ。

律は、いつでも鈴愛の味方をしてくれた。

あっ、メッセージ?じゃあ、結婚おめでとう幸せに。

より子が再婚をする。律は、そのお祝いの花を贈っていた。鈴愛がやって来る。

律ごめん。お節介で変なことばかり言って悪かった。

律は、鈴愛を怒り続けることが出来なかった。

俺は、鈴愛にはどうしたらいいのか分からん。さっき花、注文した。より子にな結婚のお祝いで贈った。

より子が再婚する。それには、鈴愛も驚いてしまう。

自分の気持ちを見つめる強さ

私は律を応援したい、私がマンガ家になるときにあんなに応援してくれたのに。

律は、どこかで気持ちの迷いがあった。鈴愛の言うことも分からないでもない。

俺は、飛べん鳥みたいなとこがある。会社やめることもビビってる。意気地なしや。

律は、いつでもマグマ大使だった。この先に誰と出会っても、鈴愛のとってのマグマ大使は一人だけだった。

俺は、鈴愛と違ってこんなことがしたいがなかった。で、これはヤダはあった。

こんなことをするために生まれてきたんじゃない、律はそう思っていた。

律、そういう気持ちは大事にした方がいいと思う。

鈴愛は、秋風羽織に教えてもらった。自分の気持ちを見つめること、それは自分が生きて行く上で大事なことだった。

律に強い気持ちがある。私は応援する。

二人は、お互いの気持ちを確かめ合うようだった。律は、事業計画書を持ってくる。何をするかが決められない。

やっと見つけた作りたいモノ

鈴愛は、晴のために絵を描いた。病院は、殺風景の中にある。律は、歌を唄い出す。

野原いっぱいの花を摘んで、あなたにあげるんやと。

ロマンチックな歌だった。

2番は、夜空に咲く星をみんなあげるんやと。

はー、よくばりやな。たとえば野原の風を集めて、お母ちゃんに持ってってあげればええな。それか、そよ風の扇風機。

鈴愛は、扇風機から自然の風が吹いたらいい。それは、魔法の扇風機だと思った。

鈴愛、それや。そよ風の扇風機や。そよ風の扇風機を作るんや。

朝ドラ「半分、青い」139回感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です