「花のち晴れ」6話あらすじと視聴率8.3%!ふたりだけのヒミツのWデート晴の涙の告白

❝私とつき合って下さい❞江戸川音は、馳天馬に今の気持ちを伝える。晴は、その姿を見てしまった。

花のち晴れ〜花男 Next Season〜」は、あの花男を超えることができるのか?第6話では、お互いの気持ちを固める音と天馬の姿があった。そして涙の告白に音は、またしても揺れてしまう!

「花のち晴れ」第6回視聴率

第6話は、「運命のWデート!!涙の告白、そして初めてのキス!」が放送されました。気になる視聴率は、8.3%でした!

晴の激しい想いに揺れる音がいた。でも、天馬の気持ちを考えると向き合えない。どうなる花晴れ!

 「花のち晴れ」6回あらすじ

私の婚約者で彼氏の天馬くん

江戸川音は、天馬の笑顔が見れるだけで幸せだと思っていた。

私の婚約者で彼氏の馳天馬くんです。

音は、バイト先の紺野に紹介する。

けどさマジで、はるとっちじゃなかったんだね好きな人。

西留めぐみは、落ち込んでる晴を励まそうと料理を作る。みどり色のカレーは、美味しくなかった。

野菜炒め、あいつが作った野菜炒めが食いてぇ。あの野菜炒めの前じゃあ、ミシュランの三ツ星もかすむ。しかもウインナーでタコが作れんだぞ、あれは料理というよりマジックだな。

晴は、我慢してカレーを食べる。

弱すぎる自分に嫌気がさす晴

栄徳学園では、めぐりんが転入をしてきた。しかも音と同じクラスになってしまう。

(今日は、あいつに会いたくない。いったいどんな顔して、あいつと喋ればいいの)二人は、同じ気持ちでいた。

江戸川音は、神楽木家にふさわしくない人間だ。

晴は、父親に言われても何も言い返せない。

これが俺の本当の姿だよ。好きな女も振り向かせられない、オヤジにも何も言えない。弱すぎて自分でも嫌になる。

メグリンは、泣いてしまう。晴のためにお弁当を作ってきたが、またしても美味しくなかった。

ずっとずっと欲しかったものを天馬くんがくれたの。

愛莉は、天馬とつき合いだした音が許せなかった。でも、心が穏やかでいる自分の気持ちにウソはないと信じていた。

音と晴のヒミツWデート

音と天馬は、遊園地でデートする。そこで晴とメグリンに会ってしまう。Wデートすることになってしまう。

音、はいこれ。期間限定の味なんだって。

メグリンは、Wデートの経験があるのか聞いてみる。

俺は、神楽木晴だぞ。人生モテたことしかねぇよ。

また強がっちゃって。

強がってねーし、ダブルもトリプルも腐るほどしたことあるからな。

ダブル、トリプルってフィギュアスケートじゃあるまいし。

はっ、どういうことだ?

分からないんだったら結構です。

あっ、今俺をバカにしたな。さてはお前、俺の経験豊富さが羨ましいんだろう?

はぁ?

だいたい、お前。俺ともんじゃ焼きとバッティングセンターと一緒にWデートしたろ。

音は、わーわー大きな声でかき消した。

晴は、天馬の前で素直になる音にムカついた。コーヒーカップにのって、ゲロゲロしてやろうと企むが失敗に終わる。

音は誰にも渡さない

音は、天馬のためにオシャレなお弁当を作ってきた。メグリンは、音の作った野菜炒めの話をしてしまう。

何か違くねぇ。こんな弁当、全然江戸川らしくねぇよ。

天馬は、心が揺れている音の気持ちに気がついてしまう。晴は、お化け屋敷に天馬を誘い込む。

驚きすぎだろ。

お化け屋敷で驚いたのは、晴のほうだった。

てめぇは、1ミリも怖くねぇのかよ。

全部作り物だろ、そもそも霊は信じない。

天馬は、お化け屋敷に誘い込んだ理由を聞く。晴は、天馬がビビる顔と音と密着させたくなかった。

神楽木、お前音が好きか?

だったら何だよ。

どうもしない、お前の勝手だ。でも、音は渡さない。

もて遊んでいるのは誰だ!

4人は、お互いのカップルで観覧車にのることになった。でも、ぼーっとしているうちに音と晴で観覧車に乗ってしまう。

彼女の気持ち、もて遊んだらかわいそうだよ。

何だよそれ、もて遊んでるのはお前だろ。俺の気持ち気付いてるくせに、知らんぷりしてんじゃねえよ江戸川。

観覧車のドアが開いてしまう。音は、晴の告白から逃げ出してしまう。

ちょっと遊び疲れたね。

天馬は、音の手を握る。4人で歩いていると、ベビーカーが階段から落ちてしまう。晴はベビーカーを必死で止める。

神楽木。

晴は、天馬の前でカッコいいところを見せたかった。でも、音よりもメグリンが先に晴に近寄って抱きしめた。

行こっか、あのまま二人きりにしてあげた方がいいかなって。

音は、ケガをしているかも知れない晴が心配だった。その気持ちに天馬も気付いてしまった。

音の心配と天馬の不安

音は、天馬と一緒にいながら晴のことばかり考えていた。二人がカフェにいると桃乃園の生徒会メンバーがいた。

彼女いらしたんですね?失礼します。

音は、追いかけて行って話すように言う。

音は何を考えているんだろう?僕のことを好きな子を慰めて欲しいの?側に寄り添ってもいいの?それで音は何も感じない?

今日一日、僕が何も感じてないと思ってる?嫉妬したり傷ついてないって思ってる?

音は、ハッキリさせるから時間が欲しいとお願いする。天馬は、音の気持ちに不安を感じていた。

すれ違う本当の気持ち

音は、晴の家に向かう。

あなたは、私のことが好きなんですか?

好きだ。ずっと頭の中はお前のことばかり、何をしててもここに江戸川が入ればって考える。好きで好きでたまらない。本当に江戸川のことが大好きだ。

ありがとう、そんな風に思ってくれて。

音は、晴からもらったブタのマスコットを返す。

ごめんなさい、今まで苦しめてごめんなさい。私、天馬くんとつき合ってる。

音は、晴よりも天馬の笑顔をとった。

江戸川、お前はそれでいいのかよ。俺とのこと、こんなんで終わりかよ。

神楽木と私は、何も始まってないよ。

音の目には涙が光っていた。晴も苦しくて泣いてしまう。音は天馬に連絡をする。

ちゃんと伝えてきた、私がつき合ってるのは天馬くんだって。今日は、本当にごめんなさい。

天馬は、音を抱きしめてキスをする。

「花のち晴れ」6話感想

晴(平野紫耀)の涙の告白を聞いて何も感じない女子はいない。音は、これからどう接して行くのか楽しみです。

ドラマ史上に残るような切ないシーンでした!

ハルトのCDデビューの日、メンバーでお祝いしたシーンです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です