【まんぷく】97回あらすじと視聴率!萬平が作りたいのは笑顔になる即席ラーメン

源(二宮輝生)と幸(三宅希空)は、萬平(長谷川博己)が信用組合を辞めたことでイジメられていた。貧乏やイヤや、ラーメンなんてやめて。子どもたちの悲痛な叫び声だった。

第97回、おぼろ昆布にお湯を注ぐ。福子の姿を見て萬平が閃いた。子どもたちを笑顔にするラーメンの完成は近いのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」97回視聴率

第17週「ラーメンだ!福子!」第97回が1月26日土曜日に放送されました。気になる視聴率は、21.8%でした!

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

朝ドラ「まんぷく」97回あらすじ(1/26)

笑顔になるラーメンを作る

福子(安藤サクラ)は、泣き出した源と幸を怒鳴りつける。

あなたたちをバカにした友達も、お父さんが作ったラーメンを美味しい美味しいって笑顔になってくれます。

子どもたちの涙は、萬平の作るラーメンが笑顔にしてくれる。萬平は、図書館で本を借りてラーメン作りに没頭した。

世の中には、いろんなダシがあることがよく分かったよ。かつお節、煮干し、今日食べた屋台の店主は九州の人で豚の骨からダシを取っていた。

誰もが美味しいと思えて、飽きのこない味を探していた。源は、近所で鳥をしめているところを見て鶏肉を食べられなくなっていた。

せやけど、鶏ガラをダシにしたおじやは美味しいとよう食べてくれます。幸も私も大好きやし、萬平さんも。

萬平は、鶏ガラを1㎏買ってダシをとった。何かが足りない、ごま油を足すことになる。

足せばいいのか引けばいいのか分からなくなった。

ラーメンの麺も考えなければならない。生めんは保存がきかない。そうめんは、乾麺でもあっという間にできる。スパゲッティを使うことになった。

ラーメンやない、こんなん食べられへん。

萬平が作りたいのは即席ラーメン

鶏ガラでダシを取る。そこにごま油を足す。そこへスパゲッティの麺を入れる。

何でもすぐには上手く行かへんの。失敗に失敗を重ねて、初めてホンモノができるんです。ねっ。

福子は、晩ごはんの準備をしていなかった。子どもたちのために急いで作る。

今、問題なのは簡単にできることと保存ができることなんだ。どうやってそれを両立できるかなんだ。

福子は、おぼろ昆布にお湯を注ぐ。

福子、福子、これだ。これなんだよ僕が作りたかったラーメンは。

乾いた昆布がお湯を入れるだけで出来上がる。しかも旨みを溶かし出している。お湯をかけるだけで出来上がるラーメン。

味のついた乾麺を丼に入れて、そこにお湯を注げば麺がしみ込んでいく。同時に麺が味が溶けだしてスープになって行く。

萬平と福子は、克子(松下奈緒)の家に向かう。誰も理解することが出来なかった。

誰も想像できない言うことは、今まで世の中にはなかった。まったく新しい商品いうことやわ。

萬平の作るラーメンに名前をつけることになった。鈴(松坂慶子)は、即席ラーメンと名付けた。

萬平さんは、絶対に作ります。そん時、世良さんこう言うんやわ。僕が悪かった、その即席ラーメン僕に売らせてくれって。ねっ。

萬平は、裏庭に即席ラーメン研究所を作ることにする。福子は、楽しみしていた畑を諦めることになってしまう。

1月28日(月)からは、第18週「完成はもうすぐ⁉」がスタートします!萬平は、研究所でラーメンを作る。塩軍団たちも手伝いに来てくれる。

朝ドラ「まんぷく」97回感想

見逃し動画配信サービス「まんぷく」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「まんぷく」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

動画配信サービス「U-NEXT」は、毎月1,200ポイント付与されます。(お試し期間中は、600円分のポイントがつきます)

U-NEXT

※紹介している情報は2019年1月28日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です