【BG~身辺警護人~】第6話あらすじと視聴率14.8%!無言電話に隠された思い元総理大臣を狙うのはダレなのか

f:id:dreams3359:20180304223324p:plain

章(木村拓哉)の別れた妻・仁美(山口智子)から連絡が入った。警護して欲しい人がいます、それは仁美自身のことだった。

第6話は、「元総理を守れ!別れた妻と再会」が放送されました。

ドラマ「BG~身辺警護人~」第6話視聴率

 テレビ朝日ドラマ「BG~身辺警護人~」の第6話の視聴率は、14.8%でした。0.8%カムバック視聴率で、二桁をキープしている。

キムタク主演のドラマ「BG~身辺警護人~」、ドラマ視聴率が低迷している中でも二桁をキープしている。

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「BG~身辺警護人~」第6話あらすじ

元総理大臣の警護

章は、仁美に連絡をする。無言電話が続いているから自分を守って欲しい。

 

誰かに恨まれてるんじゃないの?

 

相変わらずの無神経さに仁美は呆れている。

元総理大臣・鮫島のところには、無言電話が続いていた。SPの警護を延長して欲しいと願い出るが通らない。

 

政府の決定でございます。警護終了後に何かありましたら110番にご連絡下さい。

 

日ノ出警備保障には、鮫島から警護の依頼が入った。BGは、章に決まった。

 

SPがあっと驚くような警護をしましょう。

 

村田は、無事に任務が終了したら飲み会を開くと言う。

 

自分は遠慮します。時間のムダなんで。

 

高梨の信じられない言葉に章は言う。

 

お前の歓迎会だよ。

 

鮫島を狙う男の影

 

SPは25年間もの間、鮫島のことを守って来た。その任務が終了した。

 

どうぞお元気で。

 

そこへ日ノ出警備保障の章と村田がやってくる。落合がムキになった。

 

失礼ながらSPの代わりを民間が出来るとお考えでしょうか?

 

 

明日からは、鮫島先生の安全と誇りをお守りします。

 

翌日、幹事長の古希を祝う会が開かれた。孫・彩矢の警護は、菅沼まゆが務めることになった。章は、自宅の前の植木に並んだ石を見つけた。

 

来るときはなかったんですが。

 

鮫島は、建設中止を決定したときに襲われそうになっていた。その男が狙っている。そう思っていた。

村田が隠し続けた過去

 

五十嵐幹事長の古希を祝う会が開かれた。その席には、立原の姿もあった。

 

誰か?

 

植野は、五十嵐の以前の秘書だった。幹事長に会うために来ていた。落合は植野を締め上げる。植野は警察に連行される。

 

凶器も持っていないのにあそこまで痛めつけなくてもよかったんじゃないですか?

 

落合は、身辺警護の基本は脅威を徹底的に排除することだと言う。

鮫島喜和子の夫は、会社を倒産させていた。その負債を匡一が支払うかわりに離婚を条件に出した。

 

結局は甘えているのよね。

 

村田は、元警察官だった。落合は警備部にいた頃の知り合いだった。

 

出来の悪いSPだったから、何となく言い出せなくて。

 

10年以上前、外務大臣の警護をしていた。襲ってきた過激派に発砲してしまった。相手は銃を持っていなかった。

モザイク公園にいた怪しい男

 

彩矢が帰って来ない。警察には連絡できない。

 

絶対に見つけ出さなきゃ。

 

まゆは責任を感じていた。彩矢は、モザイク公園にいた。ひとりの男が彩矢に近づこうとしていた。後を追うが見失う。

 

公園の男には何を聞かれたんですか?

 

彩矢は、会ったこともないと話す。

 

彩矢さん、どうしてあの公園に行かれたんですか?

 

鮫島は、あくまでも狙っているのは自分で家族に危害を与えようとしている。そう思っていた。

 

明日から、もっと警護を強化しろ。

 

反抗期の息子と向き合う覚悟

 

章が自宅に戻ると瞬がユニフォームを縫っていた。ただいまと言っても何の返事もしない。

 

そんなにお父さんのこと嫌だったら、お母さんのとこ帰った方がいいんじゃない。

 

章は、瞬の気持ちが分からなかった。

 

僕は戻ってもいいけど、あなたが寂しがるからいてやってるだけだよ。

 

 

やっぱり親が離婚すると、お前もいろいろあったりするの?チャーハン食う。

 

 

食ってやるよ。

 

章は、冷凍ご飯を出してチャーハンを作る。

落合と村田の過去

 

村田は、バーで落合と会っていた。鮫島のことを知りたくて呼び出していた。

 

安全を守るヒントだけでもくれないかと思ってね。

 

村田は、落合の身代わりで警察を辞めていた。それと職務とは違う。

 

私は協力する気はありません。

 

瞬は、章の作ったチャーハンを全部食べた。

 

美味かった?

 

 

ああ。

 

章は、明日の警護について考えがあった。

章にも守れない場所があった

 

彩矢は、社会科見学に行くことになっていた。匡一は、学校を休ませると言い出す。

 

社会科見学行きたい。楽しみにしていたのに。

 

章は、何かあったら責任をとる覚悟でいた。社会科見学は、テレビ局で行われた。玄関に置かれた石は1コだけだった。

章は、バッグを持った怪しい男を見つけた。そこへ立原が声をかけてくる。

 

今だったらお話しても大丈夫です。落合さんたちは、テレビ出演時は控室でお待ち頂いています。

 

彩矢が逃げ出す。抱きかかえて連れ戻そうとするところに警備員が来る。

 

助けて、助けて。

 

彩矢は、トイレに逃げ込む。そこへ立原がやって来る。

 

痴漢で通報しますよ。

 

立原は、彩矢を連れ出す。

犯人は彩矢の父親

 

高梨は、彩矢を連れ出そうとした犯人を捕まえた。

 

犯人が捕まりました。

 

彩矢に近づいたのは、父親の福永だった。

 

申し訳ありません。彩矢に誕生日プレゼントを渡せてなくて。

 

福永は大きなクマのぬいぐるみを持っていた。匡一は、どうやって連絡を取っていたのか気になった。

 

彩矢、お父さんだよ。水曜日、モザイク公園で待ってるからね。

 

福永は、小石を合図にしていた。4コなら4時、1コなら1時に連絡を取る。

 

お父さん、私はダメな人間です。でも少しでも彩矢の力になりたくて。

 

現実を知る勇気が必要だった

 

落合は、匡一からの調査結果を持ってきた。匡一を襲おうとした男は、すでに亡くなっていた。

 

あなたは狙われていません。

 

安全であることが分かった、それだけでいい。章は匡一に伝える。過去のしがらみに囚われて生きている匡一が、やっと気がづいた。

 

おじいちゃん、抱っこしてみる?

 

匡一は、福永と喜和子の手をつないだ。重なった手は、もう離さない。

 

落合さん、珍しいな聞こえてるのに止まらない人。鮫島さん寂しそうでした。誰かに狙われてることが現役の証しだったようで。

 

 

一度注目を浴びた人間は、そこから降りられません。だから現実を知らせました。

 

落合は、現場で二度と会いたくないと章に伝える。

何かが欠けているのは美しくない

 

日の出警備のメンバーでの飲み会が開かれた。

 

公演で見つけたときに、まったく怯えていなかったし。狙われている痕跡もなかった。

 

子どもは、親のことをかばう気持ちを章には分かっていた。

オマール海老のキャビア添え、アメリカンチップスとアボカドサラダ。しめ鯖のカルパッチョ。高梨はフィレステーキを注文した。

 

あれ、そう言えば時間のムダじゃなかったっけ?

 

これも業務の一環と言い出す。みんなで写真を撮ることになった。高梨にカメラを渡すと高梨は店員に渡す。

 

何かが欠けてるのは美しくない。

 

時計を出して、誤差なしポーズをとる。

私を守って!

 章は、仁美と待ち合わせしていた。

 

ごめん、待った?

 

 

デートみたいなこと言わないでよ。瞬のこと?

 

章は、無言電話がきっかけのボディーガードを引き受けたばかりだった。そのことで仁美への無言電話が気になっていた。

 

他人にも優しいんだ。私、誰かに狙われている。守って私を。

 

章は、仁美を見つめる。

ドラマ「BG~身辺警護人~」第6話感想

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です