【まんぷく】102回あらすじと視聴率!ラーメンの麺が作れない萬平の戦いは続く

萬平(長谷川博己)は、美味しいスープを完成させた。そのスープを麺に練り込み、お湯をかけたら薄くなってしまう。新たな問題ができた。

第102回、萬平のことで子どもたちはイジメに合っている。源は打ち負かす強さを持っていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」102回視聴率

第18週「完成はもうすぐ⁉」第102回が2月1日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

朝ドラ「まんぷく」102回あらすじ(2/1)

萬平の強さを受け継いだ子どもたち

鶏のダシを濃くするためには、煮込むしかない。萬平は、濃い味のスープを作ろうとしていた。

スープを煮詰めて作ったスープエキスだ。どうだ?

萬平は、徹夜をしていた。昨日から何も食べていない。せめて食事をとるように福子(安藤サクラ)は、お粥を作った。

源どうしたんだ、その顔?

萬平のことをバカされたからケンカになった。福子は、後で謝りに行く。

悪いのは、あいつらや。男には受けて立たなあかんときもある。

幸は、女にもあると笑った。子どもたちは、環境が変わったことで強くなっていた。

そしたら、ジャマはしないから萬平さんの仕事見に行ってもいいですか?

萬平は、麺作りを始める。混ぜてこねて、薄くのばして行く。そこへ鈴(松坂慶子)が肉とタマゴを持って来てくれた。

じゃあ、お母さんはハンドルを時計回りに回して下さい。

ラーメン作りを鈴が手伝うことになった。その麺は、ぼそぼその仕上がりだった。

麺ができない、チクショー!

萬平は、初めてできたラーメンを食べることにした。

まずい。麺がボソボソで粉っぽいです。

鈴は、気持ち悪いと言った。もう一度、生地から作り直すことになった。世良は、萬平のラーメンのことを聞いた。

生めんが?ウソやな、目が泳いどるで福ちゃん。

生めんは、湯がかないと食べられない。お湯をかけるだけで食べるラーメンなんて出来るはずがない。鈴は、福子が心配になった。

萬平さんは、新しいラーメンを考えることが仕事やないですか。他のことは何にも、お金のことも何にも考えなくていいですから。

福子は、そう言って萬平を応援した。萬平は、生地が崩れないように片栗粉を入れる。でも、機械で伸ばすと切れてしまった。

ダメだ。

山芋をすってつなぎにすることを思いつく。機械でのばすと平たい麺は出来上がった。でも、細く切ろうとするとちぎれてしまう。

ダメだ、チクショー。チクショー。

萬平は、なかなかできない麺作りにイラついた。

朝ドラ「まんぷく」102回感想

見逃し動画配信サービス「まんぷく」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「まんぷく」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

動画配信サービス「U-NEXT」は、毎月1,200ポイント付与されます。(お試し期間中は、600円分のポイントがつきます)

U-NEXT

※紹介している情報は2019年2月1日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です