【まんぷく】110回あらすじと視聴率!萬平が天ぷらで思いつく完成まであと少し

朝ドラ「まんぷく」
スポンサーリンク

萬平(長谷川博己)は、福子(安藤サクラ)が作る天ぷらを見て思いついた。❝これだ、天ぷらだ福子❞、萬平は麺を作って揚げることにする。

第110回、萬平は福子の作る天ぷらで思いつく。ラーメンを揚げると本当に美味しい麺になった。

朝ドラ「まんぷく」110回視聴率

第20週「できたぞ!福子!」第110回が2月11日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、19.3%でした!

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

朝ドラ「まんぷく」110回あらすじ(2/11)

これだ、天ぷらだ福子!

天ぷらの泡は、水分が蒸発しているから出てくる。福子は、エビの天ぷらだけ揚げすぎてしまう。

油の熱で、具材の水分が蒸発して行く。それが、天ぷらを揚げるときに出る泡だ。

麺を蒸し器にかける。その上からスープエキスを注ぐ。萬平は、その麺を油で揚げた。

水分が蒸発してるんですね。

萬平と福子は、揚げた麺を食べてみる。それは、お菓子のように美味しかった。お湯で戻してみる。

美味しい、美味しい。美味しいです、萬平さん。

麺は、ちゃんと元に戻っている。油で揚げた香ばしさも加わっていた。福子は、源(二宮輝生)と幸(三宅希空)を呼んだ。

美味しい。もっと欲しい。

油で揚げると、お湯をかけて麺が元に戻る。その理由が知りたかった。ラーメンは、ついに完成するのか?

何を言ってるんだ福子、これからだよ

吉乃(深川麻衣)は、萬平のラーメン作りを見ていたかった。目をキラキラさせている、その先にあるモノが見たい。

高野豆腐作るみたいにラーメンができるワケないやないの。

鈴(松坂慶子)は、ラーメンなんて作れるワケがないと思っている。吉乃は、好きなことを一生懸命やっている人に魅力を感じていた。

お父さん、だんだん好きになって来た。お父さんの絵、すごくええと思う。

忠彦(要潤)は、タカ(岸井ゆきの)と吉乃に褒められてうれしかった。タカの子どもは、あと2ヵ月で生まれる。みんなが楽しみにしていた。

せやけどホンマは、頭の中の半分は萬平おじちゃんのラーメンのことでしょ?手伝いとうて仕方ないんや。

吉乃は、手伝いたいと言った。そこへ、萬平から電話が入る。

近江谷(小松利昌)だったかな、至急連絡をとってくれないか?

近江谷は、「ダネイホン」を作ったときに世話になっていた。萬平の作った麺は、多孔質化している。

油の熱で麺の中の水分が蒸発し、麺に空洞ができたんです。

お湯をかけることで、空洞の中に水分が入り込む。そして、元に戻ったのだ。福子は、とうとう完成だと喜んだ。

何を言ってるんだ福子、これからだよ。

萬平は、完璧主義だった。福子は、家計が苦しくなっていることを言えずにいた。

朝ドラ「まんぷく」110回感想

見逃し動画配信サービス「まんぷく」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「まんぷく」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

動画配信サービス「U-NEXT」は、毎月1,200ポイント付与されます。(お試し期間中は、600円分のポイントがつきます)

U-NEXT

※紹介している情報は2019年2月15日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
朝ドラ「まんぷく」
スポンサーリンク
きららをフォローする
うさぎの日記

コメント